シューズメーカー「ナイキ」創業の話。「SHOE DOG(シュードッグ) 」。

広告



ナイキが売っているものは靴だけではない。

世界的シューズメーカー「ナイキ」。

創業者の「フィルナイト」が書いた本。

SHOE DOG(シュードッグ)」。

アップルの「スティーブ・ジョブズ」の話を聞いたり。

スターバックスの「ハワードシュルツ」の本を読むと。

「ナイキが売っているものは靴だけではない」ことが。

共通してわかる感覚。

お客さんは「商品だけ」でなく。

「企業理念のようなもの」を同時に買っているらしい。

そういえば。

アップルやスターバックスの商品も。

実際の「物だけ」を。

お金、金銭の交換物として得ているわけではなく。

買った商品とは別に「満足感を感じるプラスアルファの何か」がある。

その「プラスアルファ」が何かを知りたい。

SHOE DOG(シュードッグ)」を読めば。

ヒントがつかめるかもしれない。

なお、この本は「紙が和紙のような質感」。

珍しい薄い紙でできている。

日本のシューズ、靴メーカー「オニツカタイガー」。

「日本の企業とナイキ創業時に関わりがある」ことと。

関係があるのか?

肝心の内容。

本はこれから読みます。

created by Rinker
¥1,580 (2024/04/24 12:30:29時点 Amazon調べ-詳細)

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。