統計学の学習に「統計学がわかる」。「受験生や親」は「偏差値」とは何か?を理解している?。

広告



機械学習には統計学の知識が必要。

数学の知識がなくても「機械的な処理」はできそうだけど。

「Pythonを使った機械学習」の勉強中。

簡単な「機械学習のプログラミング」についてだけいえば。

コードはそこまで複雑ではない。

それよりも「数学」。

「統計学の知識」がベースとして必要。

もし統計学の知識がなくても。

「学習するデータセット」があって機械的に。

「機械学習をおこなう」こともできそう。

でも「機械的な処理だけ」だと。

処理をした意味合い、内容。

出た検証結果について。

説明ができない。

初心に戻って「最初に読んだ統計学の本」を読み直してみることにしました。

少し勉強をしたとしても。

あやふやな統計学の知識レベルなので。

初心に戻って「最初に読んだ統計学の本」。

「統計学がわかる」を読み直しています。

ストーリー性がある数学の本。

「数式がないのは読みやすい」。

「とっつきやすい」と思っていたのが1回目。

今回同じ本を読んでいる2回目。

「知識や理解はあいまい」だとしても。

「知っている、何度も耳にした用語」もある。

そして言葉よりも。

「数式で書いてある方がわかりやすい」と感じるようになったのは進歩。

「レベルアップ」。

少しは「理解が深まったのかもしれない」と思いたい。

「偏差値」とは?数学を勉強するのは面白い。

高校生になると受験。

「偏差値」という言葉を聞くことになるのだけど。

「偏差値が高い、低い」。

「数字の大きい、小さい」だけで。

「受験生や親」は「偏差値」とは何か?

「本質を理解」しているわけではない気がする。

そこには「数学、統計学」が使われているのを考えると。

数学を勉強するのも面白い。

created by Rinker
¥1,848 (2024/07/25 07:11:35時点 Amazon調べ-詳細)

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。