「ジャガイモ掘り機」を「単管パイプで自作」。

広告



「ジャガイモ」をトラクターで収穫。

「2021年 04月号、別冊現代農業」。「 農家が教える 足場パイプ&塩ビパイプで便利道具」。

「トラクター」に「自作のアタッチメント」。

「単管パイプ」を使った「ジャガイモ掘り機」。

この本「2021年 04月号、別冊現代農業」。

「 農家が教える 足場パイプ&塩ビパイプで便利道具」。

本の記事を参考にして。

組み立てるイメージ図。

必要な材料。

「単管パイプ」と接続するための「クランプ」。

入手しました。

単管パイプで自作するジャガイモ掘り機。2022年「春ジャガイモ収穫」でテストができます。

トラクターに組み付けることはできるのだろうけど。

ジャガイモ栽培をしている「畝の幅や高さ」が「均一ではない」。

「自作するアタッチメント」で「上手くジャガイモを掘れるか?」よりも。

まずは「トラクターが通れるか」が最初のハードル。

イモをタイヤで踏んでしまうなら。

「うまくいくところだけ機械で収穫」して。

あとは「手作業で掘る」しかない。

「トラクターへの負荷、負担」も別の心配事。

とりあえず2022年シーズン。

単管パイプで自作するジャガイモ掘り機。

テストができます。

「晴れ」が続いていて「土が乾燥」。

軽いので「土物を収穫する条件はいい」はずです。

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。

ABOUTこの記事をかいた人

美味しい野菜や食べ物。 みんなで共有できたらいいな。 それで、固定種、無肥料の自然栽培やってます。 畑とAIをつなぐこともテーマ。 Python勉強中。