マキタの草刈り機につけるアタッチメント。「マキタ フリーローラー付4本出カッタ 51091」。

広告



刈り払い機に「ナイロンコード」を取り付けるアタッチメント。

マキタ「プラスチック製の製品」を使っていたのだけど。こちらは「シンプルで丈夫そう」。

「マキタ フリーローラー付4本出カッタ 51091」。

今までは「楽巻きナイロンコードカッタ A-55164」を使っていた。

created by Rinker
マキタ(Makita)
¥2,693 (2024/06/16 18:31:58時点 Amazon調べ-詳細)

中に巻いた「ナイロンコード」。

短くなったら、「地面を叩く」とコードが出てくる。

コードは「2本」。

プラスチックなので「ワンシーズン」で寿命。

そして「コードの出てくる口」の部分も劣化するので。

ナイロンコードが「元から切れやすくなる」。

マキタの製品は部品。

「プラスチックのカバー」だけでも買うことができるはずなので。

今シーズンも「部品を買って交換」。

「楽巻きナイロンコードカッタ A-55164」を使うつもりでいた。

部品点数も少ないし、丈夫そう。

「ホームセンターの山新」。

店頭で初めてみた製品。

「新製品」かと思ったら、「10年以上前からある商品」のようです。

30センチ程度に切った「ナイロンコード」を2本差し込んで。

「4本のコード」で草を刈る、粉砕する製品。

「直径30センチ」で「ナイロンコードを回す」と。

「刈った草」だけでなく「石や物」が飛散。

かなり飛んで来そうなので「プロテクター」は必ず必要。

気になっている「口の部分」。

金属製、これなら耐久性はありそう。

部品点数も少ない。

刈り払い機への取り付けも簡単。

ナイロンコードの維持。

短くなった場合に「バランスをとる」。

「付け替える作業」の使い勝手。

気になる手間。

対応するナイロンコードの太さは「2ミリから3.5ミリ」。

「OREGON(オレゴン) テクニ280 ドーナツタイプ 3.0mm×56m 545821」を使います。

最初はマニュアルの通り「30センチ」。

交換用に「数本を切って準備」はしておくとしても。

草刈りの作業には「長すぎる」気がする。

created by Rinker
オレゴン(Oregon)
¥3,850 (2024/06/16 10:46:04時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
マキタ(Makita)
¥2,388 (2024/06/16 10:46:03時点 Amazon調べ-詳細)

とりあえず使ってみます。

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。