東芝の石窯ドーム。「オーブンレンジER-SD3000-W」で「プルコギチキン」を作りました。

広告



「鳥料理のレパートリー」として「プルコギチキン」を作ってみました。

市販品。「業務スーパー」の「プルコギのタレ」。

「鳥料理のレパートリー」。

箸が止まらない「ケバブチキン」。

「ケバブチキン」の次は。

韓国の料理。

「プルコギ」を取り入れてみる。

プルコギのタレ。

「レシピ」を調べてみると。

材料は、家庭にある「シンプルな材料」で間に合う。

普段こういう料理は「食べない」し。

個人で食べるだけだけなら「調味料を調合すれば作れる」。

でも、もう少し「深い味にしたい」のと。

「市販の味を確認する」意味で。

「プルコギのタレ」を「業務スーパー」で買いました。

「業スーのタレ」で。

「プルコギチキン」の試作。

テスト。

「タレとしては甘い、味が強い」。でも「鶏の胸肉」には、味が染み込まなかった。

約1日「業務用スーパー」の「プルコギのタレ」に漬けた「鳥のムネ肉」。

「タレの染み込んだ厚さのある肉」を「フライパンで焼く」調理技術。

「焦がさずに中心まで火を通す」のは。

かなり難しい。

だから「140℃」予熱したオーブン。

しっとりさせたいので「140℃」で「40分」程度。

「オーブン」で加熱する。

created by Rinker
TOSHIBA(東芝)
¥38,750 (2024/05/21 18:15:50時点 Amazon調べ-詳細)

焼き上がり。

「手で触った感覚」と「温度計」で。

「焼き上がり」を確認。

加熱が必要な食品。

ガイドラインに沿った「加熱時間、温度を算出」するために。

Pythonで自作したコード。

「トラモンティーナ」の「ステーキナイフ」でカットします。

味見。

スライスして食べてみると。

「味がほとんど入っていない」。

「タレ」そのものは「甘い、味が強い」けど。

「鶏の胸肉」には、味が染み込まなかった。

「プルコギチキン」。

「改良、改善の余地」がある。

created by Rinker
TOSHIBA(東芝)
¥38,750 (2024/05/21 18:15:50時点 Amazon調べ-詳細)

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。