スパイダーモアのギアオイル漏れ。原因は、やはり量が多すぎたから。

広告



ギアオイルを入れ直して正常になりました。

作業をやり直して試運転。

変な「音もニオイ」もなく動きました。

自分で作業をしたオイルの交換。

購入してから「20時間稼働」したスパイダーモア。

最初の交換時期なので。

これくらいは自分でできる範囲。

「ギアオイルの交換」をやってみた。

その後、草刈りの作業中をしていると。

ギアオイルが漏れだした。

失敗した原因は「抜けきれていなかった」上に、適当な量の「オイルを足した」から。

スパイダーモアのギアオイルを抜くためには。

「機械を横倒し」にしなければいけない。

でも、横に倒すと。

直接地面に廃油。

オイルが流れることになる。

交換したオイルは、ドレンパンに捨てたい。

「直接入れたい」のだけど。

ドレンパンでは、高さが出るので。

アルミのブリッジに機械を乗せて、横倒し。

下にオイルドレンパンを置いた。

created by Rinker
ストレート(STRAIGHT)
¥2,200 (2024/05/21 22:40:14時点 Amazon調べ-詳細)

「床を汚すのを嫌った」ことが、一つの失敗。

「オイルが抜けきれていなかった」らしい。

次に、規定量を測らずに。

なんとなくの量を入れた。

「オイルポットを持っていなかった」のと。

「目視で量がわかる」と思った。

「適当な量を注油」したこと。

これが「2つ目の間違い」。

いまだに「検油の位置」。

この図がどこを示しているのか?

「見た目では判断できない」ことがわかった。

オイルを抜く作業が、「確実にできていなかった」。

「抜けきれていなかった」のに「適当な量のオイルを追加した」ため。

結果的に、入っている量が多すぎた。

だから、草刈り作業中に、「オイル漏れ」を起こした。

オイルを抜き直して、規定量を入れて作業。不具合なく正常運転できました。

今回は、地面に紙を敷いて。

機械を横倒し。

「前回入れた新品のオイル」。

見た目がキレイなオイルは、すでに流れ出てしまっていて。

今回は、「変な色のオイル」が出てきた。

時間をかけて、ギアオイルを抜いて。

買ったオイルジョッキ。

規定量の400mlを測って。

機械に注油。

試運転したあとに「数時間の草刈り作業」。

問題なく稼働。

変な「音もニオイ」もなく動いたので。

これで正常、大丈夫なはず。

created by Rinker
ふるぷら(Furu Pura)
¥297 (2024/05/22 01:47:48時点 Amazon調べ-詳細)

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。