「スナップエンドウ」は、夏まきで年内の収穫ができるらしい!「野菜栽培の基礎」。

広告



スナップエンドウの「夏まき栽培」。

目から鱗。

created by Rinker
¥2,090 (2021/09/23 21:01:44時点 Amazon調べ-詳細)

「安売り合戦」にも巻き込まれない。

本当は「内緒」にしておいたほうがいい。

商売的に「他の人がやっていないこと」。

他にはない商品が店頭にあれば「商品の差別化」。

店頭でバッティングしないし。

労働力、対価と見合う「価格、値段」。

「安売り合戦」にも巻き込まれない。

内緒にしておけば商売。

「個人的には得」なのだけど。

商品を出せば、いずれは、マネされること。

そして、情報としては知っている人も多いのかとは思うし。

隠していると。

自分の「商品、作品に自信がないと思われる」ので。

隠さない。

ウチの商品は、「固定種、無肥料の自然栽培」。

コレだけでも、他とは違う。

優位性がある自信。

農業機械を製造する、関わる会社にいた経験。

農業、農機具業界は、かなり閉鎖的。

「農業機械を製造する、関わる会社」にいた経験。

農機具に限らず。

機械の製造メーカーにとって技術を真似されない、隠すことは。

当たり前のことだった。

その当時は、思っていたのだけど。

時代が違う、変わったと感じている。

ゲットした情報は、公開、オープンソースにしたほうが。

メーカーとしての信頼性。

その結果。

「作物栽培、農業界全体の技術レベル」が上がる。

スナップエンドウの「年内の収穫」。

勉強不足でした。

この本「野菜栽培の基礎」を見ていたら。

ちょうど今頃の7月末。

もしくは、場所、地域によっては、8月末ごろに。

「スナップエンドウ」のタネをまくと。

「年内収穫」ができるとのこと。

そして、農業の雑誌にも。

同様の記事が書かれていました。

「スナップエンドウ栽培」の基本は。

まいたタネを越冬させて、春の収穫。

タネの袋の説明を見ても。

「夏まきは播種期」としては、記述がない。

「マメ類のタネは寿命が短い」。

春に購入。

まいたタネの残りがあって。

コレらのタネを保存しておいても「マメ類のタネは寿命が短い」。

「発芽率が悪くなる」だけでなく。

さらに「発芽しなくなる」ので、「古いタネは捨てる」ことになる。

捨てる、無駄にするなら栽培。

生育のテスト。

もし、今シーズン「冬までの収穫」に失敗したとしても。

経験として今後につながる。

「農業としての収支の問題」は精査する必要はあっても。

「スナップエンドウ」の一般的な「春収穫」の栽培、収穫なら。

数年間の継続、経験。

栽培の実績がある。

とはいえ、自家採種。

タネを採るのは、かなり難しく。

栽培とはまた別の「技術、知識」が必要。

農業の専門書をどういう経験値、レベル。

段階で読むか?

参考にするかは?。

専門書読み解くキー。

created by Rinker
¥2,090 (2021/09/23 21:01:44時点 Amazon調べ-詳細)

広告