数年ぶりにビールを買って飲みました。トップバリューの「富良野生ビール」。

広告



created by Rinker
¥1,848 (2021/06/14 11:42:17時点 Amazon調べ-詳細)

今年こそ、ホップの毬花。栽培している「ホップ」が採れそうな気配。

毎年同じことを期待。

思って、数年間が経過。

数年前にタネをまいて植えたホップの苗。

もう4、5年が経過する。

数年前より、そして期待した去年よりも。

葉っぱが大きく。

今年は、一応支柱を立ててツルがはって2メートル以上。

上に伸びている。

スーパーのイオンで。「ホップ」という「文字」を見て久しぶりにビールを購入。

トップバリューの缶ビール。

一本約150円。

これで麦芽100%。

そして、ホップが強いらしい。

トップバリューの製品に期待をしすぎた。普通のビールでした。

ウチで栽培しているホップ。

でも実は、「ホップ」自体を食べたことがなくて。

採れたら、とりあえず「天ぷら」にする予定。

今年こそは。

ホップの収穫の期待と。

収穫できたことを考えて。

久しぶりに「ビール」の味。

ビールとは、どんな味だったか?確かめるため。

そして、言い訳を含めて。

単純に飲みたかったから買ってみたのだけど。

久しぶりに飲んだら。

「普通のビール」だった。

ちょっとクラフト的な。

「個性のある味」を期待していた。

苦いのは、ホップの味なのか?

もしくは、これが二酸化炭素の味、「苦味」なのかな。

そういえば、ホームブルワーでした。

日本では、1パーセント未満のアルコールなら。

法律的に作れるお酒。

逆にいえば、「お酒は自家醸造では、作れない」といっていい。

数年前に買った「ホームブリュー」のキット。

結局、まだ一度しか使ってはいないけど。

ホップが収穫できたら。

これも自家栽培のライ麦。

ライ麦で「麦芽」ができれば。

柑橘系の柚子もあるし。

「収穫量」の問題はさておき。

単純に、ビールとしての自家製、自家栽培で。

原材料がそろう。

でも、アルコール度数が低いビールや、お酒。

飲料なんて、美味しくない。

お酒じゃない。

自分の栽培した作物、原料で。

「美味しい本物のお酒」を作りたい。

created by Rinker
¥1,848 (2021/06/14 11:42:17時点 Amazon調べ-詳細)

広告