ジャガイモ栽培。今頃葉っぱが出そろう。今期は出来が良くないかもしれない。

広告



ウチの畑のジャガイモだけ霜でやられた。

近所の人たちと。

ほぼ同時期に植え付けた「ジャガイモ」。

植えた畑の日照、気象条件が悪いのは分かっていた。

そして、周りを見ても。

ウチのジャガイモだけが、遅霜。

霜の被害。

最初に出た芽が。

寒さで枯れた。

5月に入ってからだったので。

まさか大丈夫だろうと思って、「対策をしなかった」。

霜が降りそうなときに。

「土寄せ」土で保温をしておけばよかったのかもしれない。

反省点。

ジャガイモを「浅く植える」がテーマ。

特に今シーズン。

ジャガイモ栽培のテストとして。

「浅く植える」がテーマ。

これも裏目に出たのかな。

そして、土の表面には、ジャガイモは露出していない。

目では見えないはずなのに。

「ジャガイモを浅く植え付けると」。

なぜか?カラスに見つかるらしい。

カラスの食害をうけるということもわかった。

ジャガイモの収穫は、やりたくない作業。でも「手掘り」が決定。

トラクターに自作で芋の収穫機。

アタッチメントが単管パイプで作れるとの情報。

別冊現代農業 農家が教える 足場パイプ&塩ビパイプで便利道具 2021年 04月号 [雑誌]
価格:1760円(税込、送料無料) (2021/3/10時点) 楽天で購入  

アタッチメントを作って、機械で芋の収穫をしたかったのだけど。

トラクターは売却、処分したため。

結果、芋の収穫は手掘り。

時間がかかるのと。

しゃがんだ状態での農作業は、「虫」。

すでに今日も。

「蚊」とか「ブヨ」が襲ってくるのが、かなり不快。

だから、できればやりたくない。

作業の効率化したいのが。

ジャガイモやサツマイモなどの。

「土もの」の収穫作業。

「けずっ太郎」でジャガイモの土寄せと除草の作業。

ジャガイモの土寄せと。

除草作業は。

スギナもカットできる「けずっ太郎」を使っています。

広告