「TP-Link」Wi-Fi6対応の無線LANルーター「Archer AX20」を購入、設置しました。かなりの速度アップを実感。

広告



家のWi-Fiインターネット環境、かなりの速度アップを実感。

 

古いWi-Fiルーターを使っている人は、「買い換え」を検討することをオススメします。

 

体感的には「ほんの数秒の差」だけど。

速くなってみると、その時間の差が、ストレスだったことに気づく。

 

サクサク動くネット環境は。

ストレス解消、時間短縮。

仕事の効率化にもつながります。

 

 

「iPhone SE2」で計測してみると、この結果。

4Kの画像で必要な速度は、20Mbpsといわれていて。

4倍弱の速さが出ていますね。

 

ルーターは、2年程度で買い換えが推奨されている。

 

最近気づいたのは、Wi-Fiの規格が新しくなっていること。

そのせいで、ネットの環境。

ここ数ヶ月、使い勝手に何か違和感を感じていた。

 

今まで使っていたのは。

5年ほど前に購入した「AirMac Express」。

 

 

自宅のWi-Fi「AirMac Express」ネット環境に不具合。通信規格も進歩していて、そろそろ買い替え時期らしい。

 

Wi-Fiの規格が新しくなっている。

目には見えない通信環境。

数字値、数字上の使い勝手、速度の向上はどの程度なのか?

 

結局、ルーターは、実際に設置して使ってみないと。

買い換えの効果は、実感できない。

 

とはいえ、そろそろ買い換え、検討は必要。

そこで、Wi-Fiルーターについて調べてみると。

Wi-Fiは、規格、技術の進歩。

ルーターは、2年程度で買い換えが推奨されている。

 

TP-Link Wi-Fi6対応の無線LANルーター「Archer AX20」を購入、設置しました。

 

ネットで比較検討した結果。

買ったのは、TP-Linkの「Archer AX20」。

 

 

 

新しいWi-Fiルーターの設定、設置にトラブル。

 

こういう機械はだいたい。

スムーズに設定できないのは、覚悟の上。

 

箱を開けて。

 

 

中身には。

本体と、電源コードとLANケーブル。

説明書やパス。

 

 

設定のガイドの通り。

ソフト上では、専用アプリを「iPhonSE2」にダウンロード。

設定自体は、簡単。

 

モデムの電源を抜いたりなどの。

手順を経て、設定しているにも関わらず。

インターネットにつながらない。

 

Wi-Fiは認識していても、インターネットに接続できない状態が続いて。

でも、何度か設定を繰り返しているうちに。

なんとなく変化、だんだん状況が良くなってくる感触。

 

結局は、何がいけないのかは、わからないけど。

突然、開設できるのが、こういうネット、通信環境。

 

できなくても、何度もトライ、繰り返すこと。

我慢する、時間が必要な気がする。

手間取って、2時間弱かかりました。

 

でも、我慢のその先に待っているのは。

サクサクで快適なネット環境。

 

予想外。古いアイパッドも速度が向上しました。

 

心配だったことがひとつ。

通信規格が新しくなると。

古いハード、機械。

第二世代かな?

だから相当古いウチの「アイパッド」が非対応、使えなくなるのではないか。

これを覚悟で、Wi-Fi環境を新しくしたのですが。

 

逆に、速くなったのがビックリ。

古いウチの「アイパッド」が蘇る結果。

まだまだ使える。

 

古い機種だけではなく。

新しいハードの、iPhoneとマック。

今までよりも、動きが、数テンポ速い。

数字上だけではなく体感できるレベル。

そして、その時間の差が、ストレスだったことに気づく。

 

サクサク動くネット環境は。

時間短縮になるし、仕事の効率化にもつながる。

 

TP-Link。機種は「Archer AX20」にしました。

 

買い換えるWi-Fiのルーターは。

国産メーカーなども検討。

使う場所や目的によって。

商品を検討、選択する必要があるかもしれない。

 

最終的には、競合の他メーカーではなく。

同じメーカー「TP-Link」で比較。

家の広さなども考慮。

 

ウチは、結果、安くて。

新しいこちらの機種。

TP-Link「Archer AX20」にしました。

 

 

広告