エンジンのかからないホンダピアンタ。「点火プラグから火花が出ているか?」を確認する。

広告



エンジンのかからないホンダピアンタ。「点火プラグから火花が出ているか?」を確認する。

「カセットコンロ用のガス」が燃料の小型耕運機。ホンダピアンタ。

耕運機のホンダピアンタ。

エンジンがかかりません。

知人からアドバイスをいただき。

まずは「点火プラグの汚れ」。

「プラグの状態」を確認。

しかし、最初の問題。

点火プラグが、手持ちの工具では届かない。

外せない。

ホンダのピアンタ。FV200の点火プラグが、はずせない。

そこで工具。

「プラグレンチ」を購入。

この道具で、プラグを取り外して。

「点火プラグの交換」は無事にできましたが。

結果、エンジンはかからず。

次に調べるのは、プラグから火花が出ているか?

点火プラグを外して。

プラグソケットにはめて。

金属部分にプラグをスパークさせる。

手元の「運転スイッチをオン」にして。

「リコイル」のヒモを引っ張る。

引っ張りながら写真を撮るとブレますが。

火花が出ていることは確認できる。

視線はまるでレーザービーム。

火花は正常に飛んでいるので。

ここは問題なし。

燃料がガスの機械。さすがに燃料系統は、自分で修理は、無理かも。

プラグを取り付けて。

カセットガスの燃料を装着。

エンジンをかけてみると。

やはりだめ。

エンジンがかからない状態は続く。

次は、燃料系統の確認かな?

液体なら、「燃料の流れを目視」できるけど。

ガス燃料の機械は、自分で修理は、無理かもしれない。

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。