直角三角形の辺の長さを求める。

広告



算数、数学。直角三角形の辺の長さを求める。

 

ビニールハウスを建てたくて。

 

ビニールハウスを建てたい。

本来ならば、農業に必要最低限の道具、資材。

 

最近の厳しい気象。

風、雨、雪に耐える丈夫で、長持ちするもの。

でも予算、お金はない。

必要最小限の出費でなんとかならないか?

 

48ミリの単管パイプを骨組みに。

市販既存の部材、ジョイントなどを使って。

屋根が三角形、角型のビニールハウス。

かまぼこ、アーチ型ではなくて、温室のイメージ。

 

4メートル×8メートルの温室。

低予算でという条件。

なんならキャンプで使うタープのような、三角形だけ。

立ち上げない、でいいのではないか?

 

最大の高さが2メートル程度なら。

端、角は使えなくても、なんとか育苗くらいならできる。

 

ホームセンターへ部材の下見に行く。

 

下見に行くというより。

しょっちゅう行ってるお店、ホームセンター。

だから、以前から狙っていた部材を使って。

温室を建てることが実現可能か?の確認。

現実的、技術的、金額的な見積もり。

 

2等辺三角形をイメージしてた。

 

残念ながら予想していたよりも。

部材の形状が鋭角、鈍角。

角度が決まっている。

90°と45°の2等辺三角形をイメージ。

 

角度が変えられる部材もある。

でもそれでは、ビニールに傷がつくため不適格。

だから、専用の部材を使いたかった。

 

結果的に。

三角形だけの温室、ビニールハウスは無理。

2メートルは立ち上げられない。

 

サイン、コサイン、タンジェント?ピタゴラス。

 

部材、屋根の角度は140°と20°。

底辺が4メートルが決まっている。

さて、高さは?

 

 

答えは、73センチ程度。

これでは人間が入れない。

 

計算の答えは。

底辺と角度を入力するだけ。

ネットで簡単に出力された。

 

検算したので、この解答は間違いはない。

直角三角形の定理。

短い辺それぞれの二乗を足したものと、長い辺の二乗はイコール。

1対2対ルート3。

ピタゴラス。

 

定理をもとに、現状、未来をどうするか?

広告