古典的名著「ステーキを売るなシズルを売れ –ホイラーの公式」を読んだ結果。売上が!

広告



古典的名著。

「ステーキを売るなシズルを売れ –ホイラーの公式」を読んだら売上が!

 

 

商品、モノやサービスを売るため、お客さんに魔法をかける呪文。

 

なんで断られるのだろうか?

自分の作品、商品を、イベントなどで直接お客さんに売り込む。

 

もしくは、モノを売るだけではなくサービス。

自分を売り込む就活や、アルバイトの面接、恋愛など。

相手にされない断られた経験。

 

なんで断られるのだろうか?

 

そんな体験をしたことがある人は、自分だけではないはず。

 

100パーセント断られる。

 

経験上。

自分がいい!と思っていることは、他人は興味がない。

だから100パーセント。

断られる。

 

原因は、「ひとりよがり」っていうやつです。

 

苦い思いをしているからこその現実。明るい未来。

 

断られること。

負の過去を前提で。

興味のない人たちを振り向かせて、実行に移させるか?

 

若い頃にこの本と出会い、読んで考え、実践していたら。

今とは違う環境、境遇。

 

余裕な成功した明るい生活を送れていたのかもしれない!

全くそうは思わないし。

 

逆に今。

現在楽しい、苦しい、面白い。

 

商売する、現実問題で悩んでいる当事者が読むべき本。

 

ものが売れない!と嘆く現実。

苦い経験、体験をした人たち、当事者が。

 

本気で商売、アピールするのだったら。

「ステーキを売るなシズルを売れ –ホイラーの公式 」

 

 

古典的名著「ステーキを売るなシズルを売れ –ホイラーの公式 」は。

オススメというか「既読」でしょう。

 

 

商品を売るための簡単なテクニックや。

お客さんに魔法をかける呪文。

単純な画一的なキラーワードもない。

 

口先、小手先のテクニック。

どうしたら売れるのか?でもない。

 

販売する当事者として、本気になって模索したら絶対に出会うはずの名著。

 

広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。