今回は成功!フライパンでセイボリータルト風の生地を焼いてみた。

広告



フライパンでセイボリータルト風の生地を焼いてみた。

今回は成功。

 

過去に数回試作した、タルトの生地。

ウチにはオーブンがないので。

フライパン、もしくは魚焼きグリルを使用。

 

最近の失敗作がこれ。

フライパンでタルトの生地を焼いてみた。

生地が固まらず、ボロボロ。

 

 

甘い生地、普通のタルト。

本来作りたいのは、セイボリータルトです。

 

甘くないお食事タルト。

 

今回作ったのは、本命。

甘くないお食事用のセイボリータルト。

なぜか急に、できそうな気がして。

 

 

 

 

フライパンにフタをした方がいいのか?

それともしないほうがいいのか?

 

フタをすると、火は中まで通りやすい。

でも、焼き面のサクッと感が出ないのではないか?

 

結局、完全には、フタをしない。

蒸気を逃しながら、温度も高める作戦。

 

タルト生地が、成功に近づいた。

 

 

これは、数時間経過したセイボリータルト風の生地。

数回試食したので、半分以上減っている。

 

温かい状態だと水分が少し残っていた。

それでも生地としてのベースはできている。

塩の分量がすこし多かったのは、ひとつの改良点ではあるけど。

サクッと感は出ていて。

このまま生地を食べても、まあまあ。

 

少し塩が強いので、甘いものと一緒に食べてみると相乗効果がない。

 

 

甘い柿シート。

これをのせて食べてみると。

具材が、生地の味に負ける。

味の相乗効果は、びっくりするほど全くない。

 

過去の生地。

「上手くいかなかった確実な理由」がわからないのは不安。

これは、解決しておかなくてはいけない。

 

そして新たに見えてきた、これからの課題もある。

広告