先日植えたジャンボニンニク。流されて露出している。何が起こった?

広告



先日植えたジャンボニンニク。流されて露出している。何が起こった?

 

 

この畑は、数週間前の台風で水没、川にのまれた。

台風19号での住宅、日常生活に対する被害はなし、でも。畑が、川にのまれてしまいました。

数カ所の畑。点在するのは、非効率。でもリスクの分散、適地適作。川にのまれたのは、一つの畑。

 

その台風が去った後に、植え付けたジャンボニンニク。

何が起こったのか?

植えたジャンボニンニクが土の上に露出している。

 

 

栽培のポイントは、もともと大きいタネを使うこと。

 

昨年、計画したジャンボニンニクで儲ける作戦。

ジャンボニンニクの栽培。今年の結果は大失敗。

ある程度収穫、お金に換金できるだろうという目論見。

タネを購入して栽培。

 

夢は実現せず。

はかなく消えた今年のシーズン。

 

考えられる栽培に失敗した原因のひとつは。

雨が少なく、土が乾燥状態にあったこと。

天気、雨量や土中の水分量のコントロールは、自分には無理。

土寄せ、草取りなどの作業は、ほとんど生育に影響しなかったと思われる。

 

その中でも、大きく育った個体ももちろんあり。

 

 

もう一つの栽培のポイントは。

もともと大きいタネを使うこと。

これが、おそらく第一条件。

近所の人も同じことを言っていた。

 

植えたジャンボニンニクが露出、流されて別の場所に。

 

何が起こったのか?

植えたジャンボニンニクが土の上に露出して。

別の場所に移動。

危うく川に落ちるところだった。

 

水で押し流されたとしか考えられない状態。

それも相当な量が流れたはず。

幸い、タネは拾えたし、まだ生きている。

植え直しで復活させる。

 

土中に水分量の多いと思われるこの畑。

 

ハンマーナイフモアが畑に埋まる。さすがに今回は自力脱出はできず。近所の人が助けてくれた。

 

ニンニク栽培に適している土中に水分量の多いこの畑。

使い道は、再考する必要がある。

 

川の近くは、水の力で作物にダメージ。

逆の用水路側は、常にぬかるんで田んぼ状態。

対策をしたイノシシよけの防護策も流されて、ノーガード。

イノシシの足跡も確認できる。

広告