自然栽培の農業をやるために田舎に移住。来たのは4年前。また新しいステージにシフトチェンジする。

広告



自然栽培の農業をやるために田舎に来たのは、4年前。

 

田舎に移住してから4年が経過。

 

田舎に移住した目的は、自然栽培の農業を成功させる。

頭の中にあるイメージを実現させるため。

振り返れば、ちょうど4年が経過。

 

新しいステージにシフトチェンジする。

 

「農業は食っていけない」という人が多い中。

自分は、そうは思っておらず、完全に伸びしろがある。

確信や実践はなくて。

数十年前に考えていたことがコレ。

 

4年以上の農業、作物栽培の経験や実績で。

更にできることのイメージが膨らんでいく。

 

 

「 スマート・テロワール 農村消滅論からの大転換」。

数日前に読み始めたこの本。

思っていた以上に刺激がある。

地域、地方の疲弊を改善、解決しようとする人たちに読んで欲しい。

オススメの本。

 

つてのない土地、農政の協力もないところで自然栽培の農業、ゼロからのスタート。

 

農業をやるため準備。

栽培の経験。

土地の賃借や、資金の問題。

 

知り合いもいない、つてのない、農政の協力もない田舎。

そこで自然栽培の農業、ゼロからのスタート。

あったのは、借りた家だけ。

 

その後、個人で土地の賃借の交渉、生活資金。

機械、資材の購入など。

ハードルが高い。

 

いろいろ難易度は、わりと高かった。

 

難易度は高いけど、できる。

 

地域特性、気候。

数年間、その土地に住んで体感しないとわからないことが、ある。

その上で、自分が持っていたイメージや。

それ以上のことを実現すること。

難易度は高いけど、できることを確信。

 

そういうわけで。

生活資金、農業の資金を稼ぐための夜のアルバイト。

昼夜逆転してしまった生活スタイルを。

農業をやるための時間軸。

シフトチェンジすることにした。

 

自分の考える農業を事業として。

資金を調達できる方法を探すと同時に。

 

またバイト探し。

 

広告