柿でドライフルーツを作ってみたら、フルーツのシート。すごいのが出来た!

広告



柿でドライフルーツを作ってみた。

 

栽培した自家製の自然栽培の食材。

加工販売の第一歩は。

採れた野菜、ハーブ、フルーツを乾燥、ドライにしての商品。

 

家にある柿の木に、実がなっていたのでドライに。

 

柿をドライフルーツに加工してみよう。

渋柿ではないのだけど。

そのまま食べても、それほど美味しくない家にある柿。

乾燥させたら、干し柿のようになるのでは?

 

でも、干し柿のように丸のままは乾燥に時間がかかる。

ヘタと皮、種をとって、ある程度の大きさにカット。

 

とりあえず食品乾燥機で、7時間ほど乾燥させる。

 

 

パッケージングしたのがこんな感じ。

品質保持のため、7時間プラス10時間程度。

トータルで17時間乾燥機にかけた。

 

乾燥した柿、ドライフルーツ。商品としてはありだと思う。

 

17時間乾燥させても、完全に乾燥はしておらず、セミドライ。

噛むと凝縮された柿の味と糖分、甘み。

かなり甘い。

なんとなくザラつき、渋みが微かに。

歯にくっつく。

一般的な干し柿よりはドライ。

 

商品としては、上出来。

ありです。

 

甘くて、歯にくっつくので、個人的には苦手。

こういうときには第三者の舌が必要だと感じる。

 

そして、それよりも面白いものが出来ました。

 

柿をピューレして、薄く板状にして乾燥させた。

 

カットした柿だけではなく。

柿をピューレにして、シート状に乾燥させてみよう!

食品乾燥機には、食材をシート状にできるシリコンのトレーが付属。

 

買ってから数年間使っていなかった、山本電気FP31のミキサー。

使うタイミングがなかなか来なくて、ここで初めて登場。

柿をピューレするにはミキサーしかない。

アタッチメントが多すぎて。

そして、大がかりで使うのをためらっていたのです。

 

Ferrano Kitchen Pro FP31レッド FP31R
山本電気

 

うちのミキサーは、フェラーリの赤。

 

これが柿のシート。

 

ペーストにしてから乾燥させた柿のシート。

 

 

表面はザラついている。

底面はスムーズ。

グミ、ゼリー状。

甘みが凝縮された、板状の薄い干し柿ゼリー完成。

 

これをどうパッケージングすればいいのか?

そして、一般家庭では使わない食材だとは思う。

 

先日、失敗したボロボロタルト。

 

 

フライパンでタルトの生地を焼いてみた。

 

失敗したタルト生地を巻いて食べてみた。

ボロボロタルトが甘すぎて。

柿の味が台無し。

シートでまくとサクッと感は出る。

甘み、塩分、味のバランスがとれれば。

具材で生地を巻く、新しい食べ物。

この発展形、フルーツだけでなく、野菜もシート状に。

 

海苔のかわりに野菜のシート。

頭にイメージしていた野菜のお寿司。

海苔のかわりに野菜の軍艦巻き。

できそうな気がする。

 

具材で、おむすびをまく、「びすむお」。

具材でパンを挟む、「チッイドンサ」。

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。