ルッコラ。食品乾燥機をつかって干し野菜を作ってみる。

広告



ルッコラ。食品乾燥機をつかって干し野菜を作ってみる。

 

葉物の野菜で干し野菜。

 

食品乾燥機を使って販売に向けての干し野菜作り。

 

試作保存していたドライトマトに白いカビが生えた。

この失敗によって、衛生上の対策。

少し慎重になりすぎているのかもしれない。

 

干し野菜を作ること、その後の保存テスト。

専門機関に持ち込む段階でないとしても。

(財)茨城県薬剤師会公衆衛生検査センターへ行ってきた。

 

パッケージにして、劣化していないか目視。

まずは個人でできることをやっている段階。

怖いので、販売はまだしていない。

 

水分量の多いトマト以外の夏野菜は。

問題なく保存ができそうで。

 

その問題のトマトも。

作業工程、衛生上の配慮をして作ったもの。

数ヶ月経過したもので、カビの発生や変化はみられない。

 

 

この感じだと水分残量の少ない干し野菜。

製造上の衛生に配慮、手を抜かなければ。

保存食品として問題はなく商品にできそう。

 

葉物野菜、ルッコラの乾燥テスト。

 

ルッコラの乾燥テスト。

保存食、商品としてできたとしても、使い道。

食べる人にとって、この干し野菜をあえて使うメリットを提示できなければ売れない。

 

2時間ほど乾燥機にかけて経過したものを試食。

パリッとした食感。

水分が抜けるので味が凝縮、より強烈な苦味。

 

旬の味を長期間楽しめて、簡易的に使えるのは。

少なくても、干し野菜、乾燥野菜のメリット。

広告