庭のキンモクセイが香りはじめました。

広告



庭のキンモクセイが香りはじめました。

 

キンモクセイはトイレの香り。

昔は、よく言われていました。

トイレの芳香剤に、キンモクセイの香りが使われていたからなのでしょう。

個人的には、「キンモクセイとトイレ」これらの香り、匂いは結びつかない

 

キンモクセイの花を、シロップにつけたりしたい。

 

キンモクセイの花、木は、観賞用だけではなく。

食用としての用途もある。

だから、この花は売れるかもしれないと思っている。

 

この時期、一瞬だけの香り。

シロップで閉じ込めるシロップ漬け。

キンモクセイのお酒もある。

 

細かい花を摘むのにかなりの手間がかかる。

売り先、欲しい人がいれば収穫するけど。

とりあえずは観賞用。

 

花を摘んでいる時間の余裕があれば。

来年以降に向けて。

花を売る目的。

食用への加工テストをしてみたい。

 

この木は、春に適当に剪定した。

 

枝や葉が混み合っているウチのキンモクセイの木。

一部分だけ剪定をしてみた今年の春。

そのときは、何か参考書を読んでではなく。

なんとなく混み合っているから、感覚的に切ってみた。

 

 

この本。

「鳥・虫・草木と楽しむ オーガニック植木屋の剪定術」よれば。

 

 

時期的には、少しあやしかった。

遅かったのかもしれない。

そして、キンモクセイは、強剪定に耐える木。

わりと強めに枝を落としたのは正解だったらしい。

 

適当にやって、とりあえず無事に花は咲いているのは幸い。

 

 

ウチにある樹木を生かすための剪定方法だけではなく。

剪定した枝などを商用として使えないかのヒントも得たい。

 

広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。