加熱用トマトの「ボルゲーゼトマト」。「食品乾燥機プチマレンギ」でドライトマトを作る。

広告



加熱用の「ボルゲーゼトマト」。「食品乾燥機プチマレンギ」でドライトマトを作ってみる。

 

今日、届いた家庭用食品乾燥機。

東明テック社のプチマレンギ。

 

 

created by Rinker
東明テック(Tohmei Tech)
¥26,800 (2020/11/24 16:33:56時点 Amazon調べ-詳細)

 

機械のレビューは後日、書きます。

 

ボルゲーゼトマトでドライトマトを作ってみる。

 

 

この加熱用のボルゲーゼトマト。

生食だと全然味が美味しくない。

 

赤くなったボルゲーゼトマトを試食。加熱用トマトの品種ということだけど、味としては残念ながら期待以下。

 

フライパンで焼いてみたり、潰してソースにしてみても。

それほどの味ではない。

 

せっかく採れているトマト。

無駄にできないとしても、生食ではだめ。

加熱用といっても美味しくないとなると商品としては不適格。

 

いくら固定種、無肥料の自然栽培だといっても。

美味しくなければ、商品価値はない。

美味しさを求めての自然栽培。

 

食品乾燥機でドライトマトにしてみる。

 

とりあえず、トマトを半割り。

硬く食感の悪い中心部分を取り除き。

 

 

まずは説明書のガイドにしたがって、60℃で20時間。

現在、8時間程度が経過。

 

 

2時間程度経過して味見。

すでに味の変化が!

すごく美味しい。

水分を飛ばしただけなのに、この味の変化。

 

今日このトマトの種の袋を見ると。

加熱用といってもドライトマトにするのがメインらしい。

丸ごとの場合もある、とのことですが。

乾燥時間、難易度の面で半割りにした。

 

ドライトマトを販売する予定。

 

ドライトマトは、完全に乾かすよりも。

半ナマのほうが、食感の面でいい気はする。

仕上がりは、テストして決める。

 

乾燥できたら。

真空シーラーでパッキングした後。

(脱酸素剤も必要かな?)

 

 

お湯で外側から加熱処理。

 

自然栽培のドライボルゲーゼトマト。

近日中に、販売する予定。

 

created by Rinker
東明テック(Tohmei Tech)
¥26,800 (2020/11/24 16:33:56時点 Amazon調べ-詳細)

広告