どうやら草刈りは、畑の防護、効果的なイノシシの獣害対策ではないらしい。

広告



畑の獣害対策に設置したワイヤーメッシュ。

 

畑を守るために設置した防護柵のワイヤーメッシュ。

柵の周りが日ごとに掘られている。

柵をしないとこうなる。現在の葉ネギの畑。

 

イノシシを畑に寄せつけない対策の一つが、草刈り。

 

イノシシの対策の一つ。

生息地、隠れるような場所を減らす。

 

背の高い草を刈ることによって。

実質的な隠れ場所をなくす、と同時に。

人の手を入れる、人間の気配を感じさせる作戦。

 

 

写真の側は土手、畑の外側。

数日前に草刈りをした場所が、掘り返されている。

土がむき出しになっているのは、イノシシが掘ったから。

 

数日前に草刈り。

人の手を入れたのに荒らされている。

こうなることは予想していた。

 

実は、数年間のイノシシ被害、経験によって。

「草刈りは、必ずしも畑への被害の低減や対策にはならないこと」は、予想していた。

 

草刈りをした場所をイノシシが怖がっている様子はないし。

動物にとって。

人間が草刈りした場所は。

夜でも見晴らしがよいので危険が少なく、作業の労力が少ない、歩きやすい。

メリットだらけなのかも知れない。

 

結果。

ウチの畑。

ワイヤーメッシュ、柵で閉ざしたはずの畑と外の境界線。

 

 

すでに数カ所の下穴を開けられた。

その場所には、対策したけど。

現状、個人でできる獣害対策はここまで。

 

あと数日で完全突破される可能性は大。

広告