えんぴつナスの苗を畑に定植、植えました。

広告



自然栽培。えんぴつナスを植えました。

 

えんぴつナスを、畑に植えました。

 

そろそろ定植ができる大きさになりました。

この記事、5日ほど前の時点で、苗のはすでに畑に植えられる状態。

でも、畑の準備ができていない。

 

現在、本葉が4枚程度まで成長。

 

 

そして、これが5日前。

本葉が2〜3枚。

 

 

ナス以外にも、植え付けなければいけない苗。

まきたいタネや、その他の仕事があり、作業が追いつかない。

全部をイメージ通りに、完璧には無理。

 

もともとは、耕作放棄地。

ハンマーナイフモアで草を粉砕。

ハンマーナイフモアのレビュー。

トラクターで一度、耕起。

でも、ここに生えていた草は、これではなくならない。

 

草を根っこから取り除きたい。

 

トラクターで耕起して浮いているこれらの強い草、根っこ。

時間的に、畑全体を使う、作物を栽培する状態にするのは無理。

根っこから取り除けた部分に。

少しずつ植えていく。

 

 

今日植えたナスの苗は数十本。

ナスを植える箇所、その畑の場所の確保、準備。

草を手作業で取り除かなくてはいけない。

 

育苗しているナスの苗の分だけでも、あと10倍以上の面積、作業が必要。

この畑を稼働させることは、実質的に今シーズンはもう間に合わない。

今やっていること、耕作放棄地対策、開墾は。

来年、それ以降に向けてのテストも兼ねている。

広告