里芋を植えようとしていた新しい畑。そこに怪しい足跡が!

広告



田んぼに里芋を植える予定。

 

もともとここは田んぼ。

新しく借りた農地。

田んぼだけど、お米は栽培しないで畑として使う。

 

 

左側は舗装されていない用水路。

水が畑に浸水。

土を踏むと水が滲み出てくるくらいぬかるんでいる。

 

田んぼに土地に適した作物は里芋。

 

このぬかるんだ土地で栽培できそうな作物。

まずひとつの候補が里芋。

 

一度トラクターで耕起したので。

根っこの大きな草が浮いている状態。

 

手で土の状態、感触を確かめながら草をとる。

 

 

一気に全部は無理。

植える、使う場所だけでも除草できればいい。

 

土の感触を確かめながら見回り。

すると、この足跡。

 

 

個別の足跡では判別できないけど。

10センチ程度の大きさと、40センチはある歩幅。

 

これは、イノシシ。

 

なんとなく小さい足跡もあるような。

草に体の泥をこすり付けた跡もある。

 

どこから入ってきたのか?

 

侵入経路を探したのだけどわからない。

 

 

川を渡った様子はない。

逆の山から舗装された道路を渡って、入ってくるのかもしれない。

 

イノシシの防除、対策をしないと、作物栽培はできない。

 

予定していた里芋。

代わりに何を栽培すればいいかというと。

 

過去の経験上、イノシシの防除、対策をまずしなければ。

そこでは、「作物の栽培はしない」のが正解。

何を栽培しても食べられないにしても荒らされる。

 

そういうわけで一番狙われる芋類、えさ。

ここでの里芋、芋の栽培は、まず無理。

 

先日チラッといわれたのだけど。

 

有害駆除期間。

自分の畑、敷地内なら駆除隊認定されていなくても。

自分の畑を守る、防除。

獣害駆除目的なら捕獲、罠をかけてもいい。

本当なのか?

広告