自然栽培のニンジンを真空低温調理風に加熱してみる。

広告



自然栽培、ウチのニンジン。

 

 

おそらく普通の人が口にしている「ニンジン」。

その野菜とは、食感、香り、そして味。

別の食べ物。

 

ニンジンは、収穫してすぐに食べる他の野菜とは違って。

鮮度は、それほど求められてはいない。

そうはいっても、土から掘ったばかりのニンジンの香りを感じると。

採れたて、掘りたてを食べるのがオススメ、ベストですが。

 

真空低温調理風に加熱する。

 

生の状態で十分甘い。

カットしたニンジンを真空パックシーラーで空気を抜いて。

 

 

真空低温調理っぽく加熱する。

野菜の低温料理、本当は85度が一つの目安らしい。

 

 

ウチの場合は、IHの調理なので10度単位での温度設定。

90度まで温度を上げて。

そのあとは、サーモスのシャトルシェフで保温調理。

 

 

擬似的な低温調理。

生の食感が残って甘みが増している。

 

加工して保存性をより高める。

 

作物を栽培をする側としては。

収穫したものを無駄にしたくない。

時間が経っても味は、維持したい。

 

素材本来の甘さを引き出しながら柔らかくする調理法。

 

ジャム加工のテスト。

真空低温風に加熱してみたニンジン。

甘みは増すけど固い。

 

砂糖など糖分、素材以外をなるべくを加えずに。

素材本来の良さ、甘さを引き出しながら柔らかくする調理法。

普通に水で煮ればいいのかな?

 

広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。