イノシシの被害から救済したカボチャを試食、試作する。

広告



このカボチャの品種は打木赤皮甘栗南瓜。

 

今シーズンのカボチャは。

完熟する前、収穫適期前に収穫をすることにしている。

 

理由は。

イノシシにかじられるから。

カボチャの実がなくなる。

 

 

かじられたところから傷んでいくことがわかったので。

その部分を切り離して。

捨てるよりも。

試食することにする。

 

収穫も適期ではない。

だから食べるのにも早すぎる。

美味しくない可能性。

本当なら追熟をさせたい。

 

それでも若い、現段階でどんな味がするのか。

 

カボチャの断面。切ってみるとこんな感じ。

 

 

皮は柔らかく。

水分は多そう。

焼いて水分を飛ばして、味を凝縮させる狙い。

 

油をひかずフライパンで素焼き。

 

油をひかないフライパンで素焼きして、塩。

これでは、あっさりとして軽すぎる。

甘さもそれほどなく。

味がしない、足りない。

 

ギーで味をつける。

なんとなくこんな傾向で正解。

バターとか乳製品、オリーブオイルなど。

味のある油と相性が良さそう。

 

 

なお、ワタやタネは、取らなくてもいいかもしれません。

タネが柔らかくておいしい。

 

そして、もう一つのテストとして。

 

簡易真空パックシーラーで、低温調理風。

 

ウチのIHでは最低設定温度は80度。

本当はもっと低い60度くらいの温度で試したい。

 

現状は、時間も温度もいい加減なニセ低温調理ですが。

肉の調理とは違って野菜。

火、温度管理がうまくいかなくても。

硬くて食べられないくらいで食中毒の危険はないはず。

 

フードシーラーで真空パック。

サーモスのシャトルシェフに、80度から少し冷ましたお湯。

 

 

柔らかくなるまで保温。

少しずつ温度を加えて甘さを出す作戦。

 

もうお腹がいっぱいなので。

味見は明日以降。

パックごと冷やして冷蔵しておく。

 

真空パックシーラーのレビュー、こんな感じ。

 

 

そろそろ本格低温調理。

アノーバ欲しいね。

 

広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。