トマトは、夏の暑さに弱い?

広告



マイクロトマトの栽培。

 

マイクロトマト、この品種を。

メインで栽培することにしていた今シーズン。

植え付けする場所、栽培量は不足。

やるつもりだった量の株数は植えていない。

 

結果的にはやらなくてよかった。

 

夏野菜の代表的なトマト。

植え付けてからしばらくは成長。

暑くなるにつれ、枯れだした。

雨はわりと降ったから水分量の不足はないはず。

 

今シーズンは、このマイクロトマト。

そして他の品種のトマトも。

ほとんど収穫ができていない。

 

だいぶ暑さが落ち着き。

どちらかといえば寒い。

昼夜の寒暖差もあるこの時期。

そんなトマトたちが、最近復活し始めた。

 

昨年の栽培した場所では、こぼれ種も発芽したり。

このくらいが生育にはちょうど良い気候、気温なのだろう。

 

これからの収穫も望めるかもしれない。

寒さとの勝負。

 

やはり1品目だけを大規模にやる農業、作物栽培はリスクが大きすぎる。

 

とはいえ、うち個人的には、一つの作物の栽培量をもっと増やしたい。

絶対的に土地が足りていないという問題。

いまだに未解決。

広告