きゅうりを真空シーラーのパックで塩漬け。

広告



きゅうりを長期保存する方法。

 

あまったきゅうり。

 

ぬか漬けやピクルスとして。

長期保存ができるとしても、キュウリの食感が悪くなる。

その食感を残しつつ保存する方法をテスト。

オススメの一つは塩漬け。

 

簡易的だとしても真空パックシーラーは便利。

 

 

クレノーバの真空パックシーラー。

新製品が出た模様。

 

 

ウチの機械、旧製品は相変わらず。

クレノーバ真空パックシーラーの製品レビュー。

翌日、なぜか空気が入る。

野菜をパッキングしてみた。

 

この原因は、今のところ分からず。

 

真空シーラーは、加工、保存の下準備、下処理として使う。

 

この簡易的な真空シーラー。

機械の使い方としては。

最初にパックした状態で、長期保存をする目的というよりは。

長期保存をするための下準備、下処理として使う。

 

そのあとにビンやその他の容器に移せば。

より多くの量を。

そして、味や食感もいい状態で保存することができるはず。

広告