畑に防草シートを貼りました。『nouオリジナル 国産防草シート』

広告



防草シートを貼りました。

 

届いた防草シート。

 

 

この商品は、国産品。

 

しかも薬剤が使われていないということです。

ということは他メーカーの防草シートには薬剤の処理がしてあるということ。

有機、オーガニックな農家や、もちろん自然栽培農家にも安心の製品。

 

このシートを畑に設置した目的。

 

これらを想定している。

  • 草刈り、草とりの手間を省く。
  • 近所の目対策。
  • 畑を裸にしない。
  • 地温上昇、保水。
  • ぬかるまないから歩きやすい。

 

想定している効果や製品の耐久性。

これからのシーズンを通しての結果待ち。

 

created by Rinker
アイアグリ
¥7,080 (2020/10/26 11:28:34時点 Amazon調べ-詳細)

歩く場所に設置するなら。

事前にできるだけ石、小石を拾うのがオススメ。

破れる原因になる。

 

光を遮るだけならブルーシートもありですが。

 

この防草シートは透水性がある。

育苗、散水するような場所にも使えるのもメリット。

 

デメリットは初期投資。

今のところ費用、お金がかかるということだけがデメリット。

 

ペグで止める。

 

この防草シートは樹脂製のペグ。

 

 

これも使って、時間の経過をみなければ。

製品の良し悪しは判断できませんが。

 

アマゾンの製品レビューに書かれていたような。

 

 

『150本入りなのに本数が少ない』

『折れるかも』

 

本数を確かめると。

150本ちょうどありました。

 

ペグを折らずに打つのは、個人の技術差。

下手な人は折る。

製品のせいではない。

 

シート押さえの耐風性。

推奨1m間隔で打っている。

風でシートが煽られないか?

これもこれからのテスト。

 

created by Rinker
髙儀(Takagi)
¥2,595 (2020/10/27 04:43:27時点 Amazon調べ-詳細)

 

追記。

数日経って強風が吹きました。

貼った防草シートの一部が風であおられてめくれてしまいました。

 

そして、冬を越すと土が浮き上がるので。

 

このペグだけでシートをおさえるのは。

強度的には無理、不足。

広告