借りたい人と、貸したい人のミスマッチ。

広告



ビリーズマーケットのブログです。

まだ、寒さが厳しいのですが。

季節が少し移り変わっている気がするここ数日。

そろそろ、畑をどう作っていくのか決めなくてはいけない。

 

これから本格的な農作業シーズンが始まる。

 

暖かくなるにつれ、作業、実働する時間が増える。

種をまく準備とか。

頭でイメージ、考える余裕。

作戦は今のうちだけ。

 

畑は、確実にたりない。

 

ざっと考えても。

農地、畑の面積自体が足りない。

増やすと、そこに投入する時間、お金が増大する。

だから、下手に手を出すことはしない、できない。

 

でも、近所の荒れている土地。

貸してもらえるかどうかの見込みだけでもと思っていても。

地主さんとは、簡単にはコンタクトがとれない状態。

農地に限らず、空き家の問題なども含めて。

持ち主が遠方に住んでいたりすることは多い。

誰なのかもよくわからない。

 

貸し手と借り手のミスマッチ。

 

農地に関していえば。

農政課、公の機関は、はっきりいって使えません。

情報が生きていないから。

 

自分で仕組みを作ればいいのか!

 

この農地の貸し借りのミスマッチを解決する道具として。

やはり個人、民間、インターネット。

メルカリアッテみたいな c to c で。

それも地域、近所の、まずは情報がやりとりできるようなサービス、仕組み。

 

自分が、これを作ればいいのかな。

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。

ABOUTこの記事をかいた人

美味しい野菜や食べ物。 みんなで共有できたらいいな。 それで、固定種、無肥料の自然栽培やってます。 畑とAIをつなぐこともテーマ。 Python勉強中。