細かいタネを「ロックウール栽培マット」に「種をまく方法」。

広告



「細かいタネ」をまく場合は「ロックウールを裏返す」。

created by Rinker
大和プラスチック
¥562 (2022/07/04 04:09:04時点 Amazon調べ-詳細)

「ロックウール栽培マットへ種をまく」と「発芽が安定」します。

もともと「大きいタネ」や「発芽率のいいタネ」。

「畑に直まき」でよく育つ種類の作物には。

コストがかかるので「ロックウール栽培マット」をあえて使う必要はない。

でも、発芽率の悪い。

発芽の難易度の高い野菜、作物の栽培には。

「ロックウール栽培マット」は最高。

過去ないほどの発芽率、安定感です。

2022年シーズン初めてロックウールのテスト。

「発芽の状態」を見た。

その後、油断。

「水を切らして枯らした」ことや。

「葉っぱの頭を虫に食べられたり」の失敗をしたとしても。

今後の種まきには間違いなく。

「ロックウール栽培マット」を継続して使う。

気になっていたのは「穴の大きさと深さ」。

「種まき」にはそれなりの「技術が必要」。

単純に「なんでも土に入れればいいというわけではない」。

この製品の気になっていたのは「穴の大きさと深さ」。

発芽をさせるためには、作物の種類。

タネの大きさによって。

方法は、一律ではない。

どちらかといえば。

「ロックウール栽培マット」の活用。

種まきに最大限に活かせる「穴の深さ」は外れている。

そこでテスト。

「栽培マットを裏返して」タネをまいた。

ハーブなど「ホコリくらいの大きさ」。

「細かいタネ」は「栽培マットを裏返して」使うのが正解。

「ロックウール」から直接畑の土に植えると「拒否反応」をする問題。

「ロックウールの栽培マット」を使えば「発芽率が上がる」。

「安定する」ことはわかった。

「ポットで育苗をせず」に。

「ロックウール」から「土」に。

「畑に定植、植え付けができる」。

「省力化ができる」と思っていたら。

「数本テストをした苗」が「拒否反応」。

解決しなければいけない「次のテーマ」。

やはり発芽した苗は「畑に定植」する前に「ワンクッション」

「ポット育苗」をしたほうがいいのか?

created by Rinker
大和プラスチック
¥562 (2022/07/04 04:09:04時点 Amazon調べ-詳細)

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。

ABOUTこの記事をかいた人

美味しい野菜や食べ物。 みんなで共有できたらいいな。 それで、固定種、無肥料の自然栽培やってます。 畑とAIをつなぐこともテーマ。 Python勉強中。