豆乳を使った手作りマヨネーズ作り。リベンジ編。調子に乗ったので、結果は、また失敗。でも、できました。

広告



豆乳を使った手作りマヨネーズ作りの2回目。リベンジ編。

 

手作りのマヨネーズ作りは、分量が大切。

 

初めて作ってみた「手作りのマヨネーズ」。

材料は、オイルと豆乳。

材料は極力減らして。

ヘルシー、シンプルなベース。

これを基本に「味付けをしていくマヨネーズ」を狙っている。

 

「ピンチョス360°: all about finger food」。料理の勉強になるだけでなく、野菜を売る参考にもなる本。

コレを参考にした。

 

 

created by Rinker
¥2,750 (2021/03/07 14:18:56時点 Amazon調べ-詳細)

 

手作りマヨネーズに初挑戦してみました。固さが出なかったし、時間が経つと分離する。結果は、失敗。

 

 

作ってみて失敗。

まったく固まらない、粘度が出ない。

 

その失敗の原因が、判明しました。

 

豆乳の成分、「レシチン」が固めてくれる。

 

失敗の翌日。

機械、ハンドミキサーを使って。

サラダ油を攪拌してみたのだけど。

やはり、油をいくら撹拌しても、ほぼ液体のまま。

 

そして、本を見直して、考える。

そのほか調べてみると。

豆乳の成分、レシチンが。

液体状から、マヨネーズ状に固めてくれるらしい。

 

油の分量に対して、豆乳の量が足りなかった。

これが原因。

確信したので。

先日の失敗したマヨネーズの原料を使って。

もう一度挑戦。

 

 

様子を見ながら豆乳を入れて。

泡立て器、手動で撹拌。

 

すると。

すぐに粘度がついた。

やはり、うまく固まらなかった原因は。

「油の分量に対して豆乳が少なかった」こと。

 

混ぜていると、かなり固いので。

どんどん豆乳を入れていくと。

 

今度は、豆乳が多過ぎて。

また液体に戻ってしまった。

結果、コレ。

 

 

少し油を入れて混ぜたけど。

固まらず。

これ以上やるのは「危険な香り」がしたので。

ここで終了。

 

結果は、調子に乗ったので、失敗。

でも、途中経過で、固さのついたマヨネーズ。

完成形をみた。

 

からしマヨネーズ風のドレッシング。

 

そして、発展形。

マヨネーズとしては使えなくても。

ドレッシング、ソースとして。

塩、コショウ、カラシと酢で調味。

 

混ぜてみると、ある程度粘度がついたので。

からしマヨネーズ風のドレッシング。

 

 

普通のマヨネーズとは、違うけど。

ミルキーで何かフワッと軽い。

いい感じ。

 

ただ、マヨネーズを作ってみると。

原料の半分以上が油、オイルだということ。

マヨネーズを食べるイコール。

油を飲んでいる、と考えると。

ちょっと怖い。

広告