毎年恒例、「地域の川掃除」。蜂の巣に手を突っ込んで、数ヶ所をハチに刺される。

広告



蜂の巣に手を突っ込んで、数ヶ所をハチに刺される。

 

地域の行事、川の掃除、草刈り。

 

毎年恒例の地域行事。

川の掃除、草刈り。

 

どうも真面目にこの作業をしているのは。

ここの地区が、最後に近いらしい。

 

地域の人が集まって一緒に作業をするのはいいこと。

でも、この川の草刈り。

危険極まりない、と以前から思っていた。

 

町からの通達による作業。

 

 

都会の人に比べては、元気にみえるけど。

近所の人も高齢。

自分は、40歳後半で、最年少。

地域の他の人よりは足腰はしっかりしているはず、とはいっても。

 

河川。

およそ平らな、畑ならまだしも。

ほぼ初見、知らない地形の草刈りは危ない。

川の石は、すべるし。

水の中を歩きながら草刈り機を使って作業するのは、自信がない。

 

そして、草刈り機を持った人が至近距離、連なって作業をしているのをみて。

いつか人に回転している刃があたるのでは?とヒヤヒヤしてた。

 

手作業が裏目に出た。

 

今回は川に入らず、簡易的にということで。

当日も雨、雨も続いて増水もしているし。

通達はあっても、町からの保証はない。

 

草刈り機を使わずになんとなく手作業。

「鎌で目立った部分を刈ろう」と決まった今回の作業。

手作業が裏目に出た。

 

このボランティアの作業で、わざわざ燃料代や。

草刈り機の刃を劣化させるのは、馬鹿らしい。

ノコギリ鎌で草を刈ることにしたところ。

油断した。

 

むやみに草の中に手を入れてはダメ。

 

ツル性の草だったので。

草をつかんで切っていたら。

草をつかんだ左手に、「チクっと」痛みが!

 

見ると。

虫が2匹。

アブかと思って振り払おうかとしたら、離れない。

その場から離れながら、虫を追い払う。

何が起こったか?理解できず。

 

手、腕をみると。

数ヶ所刺されたあと。

1匹が何回か連続で刺したらしい。

 

幸いなことに、それほど凶暴はハチではないらしく。

その場を離れると追ってはこなかった。

 

刺された時点では、多少の痛み。

血管は外れた。

今は、かゆみと重い感じで。

すこし腫れて、熱を持っている。

 

焼酎を飲みながら。

同時に傷口に塗ったりしての治癒。

 

10センチほどのハチの巣。

 

刺された場所を確認すると。

10センチほどのハチの巣。

 

このハチの巣に、左手を突っ込んだらしい。

それは当たり前に攻撃、刺される。

 

下手したら自分の命。

危なかったかも。

広告