鹿沼土にまいたキュウリ。「新夏秋地這キュウリ」のタネ。発芽率100パーセント。

広告



鹿沼土にまいた「新夏秋地這キュウリ」のタネ。

 

 

固定種、「新夏秋地這キュウリ」のタネ。

タネの購入先は。

「野口種苗研究所』さん。

 

鹿沼土にタネをまくテスト。

 

今シーズンから始めた、種まき用土を鹿沼土にするテスト。

細かいタネ(ハーブ類が主)をまくための用土には、一番目の細かい鹿沼土を使うことにする。

細かいタネの発芽の状態は、かなり良好だったため。

 

小さいタネの次のテストは。

大きい部類のタネ、キュウリ。

 

タネから野菜を育てる種類としては。

種まきの難易度は低い。

だから、発芽はするはず。

 

ただ問題は、発芽率。

まいたタネのうち、どのくらい芽を出すか?

 

発芽率100パーセント。

 

発芽するタイミングに数日のばらつきがあるのは、いつも通り。

 

鹿沼土での種まき。

予想に反して、かなりの良い結果。

 

 

なんと、発芽率100パーセント!

 

タネの状態が、いいのか。

それとも鹿沼土が優秀なのか。

 

今まで使っていた用土は、もう必要ないかもしれない。

 

次は、タネを発芽させるのが難しい部類の「ナス」。

このナスもすでに、数本。

芽を出している。

 

落ち葉を発酵させて作った、今まで大事に使っていた用土は。

もういらないのかもしれない。

必要ないと思う。

広告