11月15日に茨城県では狩猟が解禁されましたが。まだ、罠はかけてない。

広告



11月15日に茨城県では狩猟が解禁されましたが。

まだ、罠はかけてない。

 

狩猟期間が始まる頃にはイノシシがいなくなる。

 

ウチの畑の近くの山にイノシシが多く出没するのは。

狩猟期間が始まる前には。

田んぼのお米や、サツマイモを狙っている様子。

山の栗も食べにきている。

 

田畑の食べ物も収穫が終わり。

栗も食べ終わると。

日当たりが悪くなる場所。

 

そうなると、このあたりには、用がない様子。

新しいイノシシの痕跡がみつからない。

 

もしかしたら。

畑に防護柵を設置したことによる圧、ストレス、プレッシャー。

畑を荒らされない目的での対策が効果的だったのかも。

最近ではその畑には、入られた様子がない。

 

一方、対策をできていない畑は荒らされ放題ですが。

そこには罠を仕掛ける条件が整っていない。

 

罠をどこに仕掛けようか決めかねていた。

 

イノシシを捕獲するなら。

自分が日常的に出入りできる山。

こっちに来た時に捕まえる。

 

でも、その場所には狩猟が解禁されてからここ数日は。

イノシシが頻繁にいる様子はなく。

 

罠をどこに仕掛けようか決めかねていたところ。

久しぶりにはっきりした最新の足跡、痕跡。

 

予想では、写真の奥からジャンプしている。

 

 

50センチほど高さの倒木を飛び越えて着地している。

倒れた木に毛をかすった跡がついていて。

おそらく、こすった、かすった跡が深くて多い方が、飛び越えた後。

 

飛ぶ前には、こすったり、ぶつかることはない。

だから、予想では、写真の奥からジャンプしている。

 

ジャンプして着地したところなら。

足を深くくくることができる。

とりあえず数日間様子をみて。

何回かここを通れば。

 

罠をかける場所としては最高。

くくりわなを仕掛ける場所は、ここにする。

 

ジャンプして遊んでいるのか?

 

でも、倒木の前、飛ぶ前には小枝が多い木があるのに。

なんでわざわざこんな通りにくいルートを通るのだろうか?

少し外れれば、普通に歩ける場所もある。

ジャンプして遊んでいるのか?

広告