ルバーブのジャムを作る。

広告



ルバーブのジャムを販売します。

 

 

 

製品としてのルバーブのジャムは、2個だけできました。

 

これは、自然栽培のルバーブ。3年目の株。

 

 

ルバーブの食べ方。

 

ルバーブジャムのレシピ。

 

今までのジャム作りは。

甘さを出来るだけ抑えて作りたいと思って。

主原料の20%の甘み、三温糖で作っていた。

それでも長期保存はできているのだけど。

 

砂糖を約40%増量しました。

 

本来のジャムは、主原料の60%程度の砂糖を入れるということ。

今回からは、保存食品として、糖分を増量。

そして、三温糖ではなく、グラニュー糖を使うことにしました。

 

 

収穫したルバーブが、490g程度。

グラニュー糖が、約292g。

合計重量が、780gほど。

 

それを煮詰めると、約半分。

400g程度まで水分が抜ける。

 

煮詰める、火にかける時間は、20分程度が限界らしいので。

その加熱する時間を短縮したくて。

マイクロプレインのグレーターで、すりおろすつもりでいたのですが。

 

今回は、ハサミで出来るだけ細かく切った。

右腕の力が入らず、すりおろすのは無理でした。

 

合計重量780gの原材料からできたのは。

 

この原料で商品は、3個できると予想していたのだけど。

結果、ビンに2つ。

あまった少しは、試食用。

 

パッケージや装飾で、もう少し高級感。

ひとつ1000円程度、で売りたいけど。

まだテスト段階。

直売の特別価格を考えてはいます。

 

保存食としてのジャム。

 

このジャムの味。

もともと甘いものを食べないとしても、個人的には甘すぎる感覚。

似ているといえば、あんず?かな。

香りは青リンゴ。

 

本来のジャム、保存食として。

これだけの量の甘みを加えることが、必要らしいけど。

 

ルバーブ本来の味を楽しみたい、健康を望むなら。

保存用のジャムではなくて。

 

採りたての新鮮な旬のルバーブに、少し甘みを加えた食べ方、料理。

これをオススメします。

 

その使い方、調理法は。

これからテスト。

とりあえずは、お酒の割り材としてのフルーツとして使える。

広告