遠方に住んでいる高齢の親を見守る「ヤマト運輸のサービス」。

広告



「離れて住んでいる家族」を遠方から見守る仕組み。

高齢者を見守る新しいサービス、仕組み。

ヤマト運輸のクロネコ見守りサービス。

「電球のオンオフ」によって異常を知らせる。

おかげさまで「ウチの両親」は。

高齢ではあるけど健康で過ごしています。

とはいえ。

「都会」に住んでいる両親、親に対して。

「離れた田舎」に住んで、仕事をすることに決めた自分。

「想像したくはない」けど。

命に限界があるのは事実、現実。

「親は高齢」なので。

心配がないわけではない。

スマホの「iPhoneを持たせた」のは「新しい刺激」を与える。

「健康寿命」を維持してもらう「作戦」なのと。

そしてもちろん「有益な連絡手段」としての大きな側面。

仕事をしている日常をおくっている世代にとって。

心配だとはいえ。

毎日連絡をとっている時間は少ない。

通うのも難しい。

そこで活用したいのが。

ヤマト運輸のクロネコ見守りサービス。

以前にも同じような仕組み。

「電気ポット」で。

「電化製品のオンオフの有無」によって。

異常がわかるサービスがあった。

でも今回は「電球」。

24時間オンオフがないと。

「登録したメール」に「メッセージが届く」。

そしてメッセージが届くだけではなく。

「電球の設置」と。

もしものときには。

「ヤマト運輸のスタッフさんが状況確認」。

もしくは「訪問対応、通報」をしてくれるというのは。

いままでにはなかったサービス。

かかる費用は「月額1,078円」。

「年間」で「12,936円」です。

ヤマトが届ける、ちょうどいい見守りのカタチ」。


広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。