「水耕栽培」のテスト。キットに付属していた「種まき用のスポンジ」に「固定種のタネ」をまきました。

広告



「家の中」。「室内」で「作物のタネ」をまくことができる「水耕栽培の快適さ」。

「本物が淘汰される」時代。楽をすることは悪ではない。

様々な分野で「本物が淘汰される」時代。

作業としては「ラクな農業」。

もっと楽をした「作物栽培」。

「無肥料、自然栽培」でもできるはず。

created by Rinker
¥2,200 (2022/05/26 00:47:35時点 Amazon調べ-詳細)

「タネをまく作業」だけでも「知識や経験」がつまっている。

農作業。

「作物のタネをまく」ことは「仕事」でも。

「発芽の楽しみ」や「安心感」。

発芽を目にすると「嬉しさ」も感じる特殊な仕事。

そして「発芽させるための準備、技術」。

この「タネをまく作業」。

安定的に「発芽をさせる」だけでも。

個々の「知識や経験がつまっている」。

水耕栽培のキットに付属していた「タネをまくための素材」。

「土」の代わりに「スポンジ」。

露地栽培での「作物栽培」では当たり前。

「土にタネをまく」のとは、まったく違う感覚。

まったく「手が汚れない作業」。

「快適な農業」。

こんなに「快適」で「簡単」でいいのか?

間違いなく「苦労が美徳」な時代もあった。

「従来、普通のハードな農作業」と「比較をする」と「罪悪感」がある。

「本物を追求しないなら」という条件付きで。

「現在から将来」は「ラクをする農業」が正解。

created by Rinker
¥2,200 (2022/05/26 00:47:35時点 Amazon調べ-詳細)

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。