2022年シーズン「梅の花」が咲き始めました。

広告



記録をみると「昨年2021年」よりも。

「2022年の梅の花」は「開花が遅い」。

「梅の木」の「枝やツボミ」をみると「梅の実」。「梅の収穫」ができそうです。

梅の畑の様子。

剪定の方法は間違えていない。

「梅を売る」には「暖かい地域」にメリットがある。

毎年同じように。

「梅の花」が「早咲きする」。

数本の梅の木がある。

パッと見。

「梅の木」を見ると。

全体的に「赤い」のに。

この一本の木だけ「特別」。

ツボミも、枝も「緑色」。

明らかに「他の木とは違う雰囲気」。

梅の「花の咲く順番」。

そして「色の違い」が「品種の違い」なのか?

「JA、農協、普及センターの人」に聞いたのだけど。

「枝の色」や「開花の時期」で「品種の違いはない」という。

育った「梅の実」を見れば「品種がわかる」とのことでした。

梅の需要は頭打ち。「茨城県の梅」は「販売をするには不利」らしい。

家で「梅酒」や「梅干し」を作る人。

「梅の実」を「買う人」の「需要は頭打ち」。

「販売できる総量」は決まっている。

「早い時期に市場に出せる地域」が「有利」だという。

「時期をずらして販売できる」メリット。

「梅」といえば「水戸」のブランド。

「販売先、需要がある」と思っていたら。

「桜前線」と同様に。

「梅は暖かさ」で北上する作物、植物。

「茨城県の梅」。

「ウチの梅の実」を「市場に販売をする」のは。

「かなり不利」らしいです。

梅は「虫媒花」。

梅が実をつけるには。

「品種の違う樹」から受粉する必要がある。

とりあえず。

「ハチや小さい虫」がその役割を果してくれています。

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。

ABOUTこの記事をかいた人

美味しい野菜や食べ物。 みんなで共有できたらいいな。 それで、固定種、無肥料の自然栽培やってます。 畑とAIをつなぐこともテーマ。 Python勉強中。