「e-Tax」。自宅で「確定申告」を済ませました!

広告



「スマホ」と「マイナンバーカード」、「パソコン」を使って「自宅で確定申告」ができました。

はじめての「e-Tax」で「確定申告」。

使い方がわからないまま。

「e-Tax」で「確定申告」をやってみました。

「簡単で操作性がいい」とか「わかりやすい」とは「思わない」。

不安になりながら。

でも、指示通りに進めていくことで。

無事「オンラインで確定申告書」。

「作成から提出」まで終えました。

1度経験して。

やることはわかったので。

来年、次回からはスムーズに「確定申告書の作成」ができる。

「紙で作成するよりもラク」です。

「使う同じ数字」を何度も書かなくていい。

そして「自動計算、自動入力」されることで。

難しいことを考えなくてもいい。

「確定申告書を作成する」前処理。「マイナポータル」。アプリのダウンロードが必要。

「e-Tax」で「確定申告」をするには。

「スマホ」と「パソコン」、「マイナンバーカード」。

そして、スマホのアプリ「マイナポータル」が必要。

このアプリ「マイナポータル」で。

「マイナンバーカード」の上に「スマホ」を置いて認証したり。

パソコン上の「QRコード」を読み取る。

「マイナンバーカードのパスワード」も入力する必要があるので。

準備をしておいたほうがいいです。

何度か間違えると「ロックされる」。

自分自身もパスワードを忘れて、手間取った。

「確定申告書を作成する」前処理の後に。

確定申告書の作成が始まる。

「何をやっているのかわからない下準備」に比べれば。

申告書の作成は、そこまで複雑ではない。

「65万円」の「青色申告特別控除」は条件が厳しくなっています。

「青色申告のメリット」は。

「65万円の特別控除」だった。

でも以前とは違い「65万円、55万円、10万円」。

提出する書類、条件によって「控除額に差」がある。

「貸借対照表」と「損益集計表」を「作成、提出しない場合」だと。

青色申告でも「特別控除額は10万円」。

個人事業だと「65万円の青色申告特別控除」は条件が厳しいですね。

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。

ABOUTこの記事をかいた人

美味しい野菜や食べ物。 みんなで共有できたらいいな。 それで、固定種、無肥料の自然栽培やってます。 畑とAIをつなぐこともテーマ。 Python勉強中。