「e-Tax」で確定申告。スムーズにはいかないらしい。

広告



「農業」は「スマホ申告」の「対応はしていません」でした。

「簡単に確定申告ができる」はずの「e-Tax」。使いづらい。

「スマホ」で「e-Tax」を試してみたら。

「農業の確定申告」は「スマホ」の「e-Tax」には「非対応」。

そして、

ウチの「PC」は「Mac」。

「GoogleChrome」で「e-Tax」にアクセスしたところ。

「拒否」されました。

Mac PCの場合。

ブラウザは「Safari」を使ってと「ブラウザの指定」。

「簡単に申告できる」はずの「e-Tax」での確定申告も。

いろいろ面倒。

使いにくい印象。

今のところ「メインの収入源」は、給与所得。

生活を維持するために。

「アルバイト」がメインの収入源。

「農業が儲からない」ということではなく。

「スタートができない状態」が続いていた。

さまざま「お金を稼ぐ仕組み」を準備。

「仕掛けていた中」。

そのうちのひとつ。

ほんの少しの「ブログの収益」が。

「農業収入」を上回った。

「農業を実践すること」で。

「作物を売らずにお金を稼ぐ作戦」が実を結んでいる。

個人的には、全て「農業の範疇」という考え方なのだけど。

「収入源がいくつかある」せいで。

「確定申告書の作成が複雑」になっている。

そして、「購入した農業機械」。

「減価償却」の計算が必要になる。

「減価償却の計算」に手間取った。

「新品」の「農業機械」はほとんどが「耐用年数は7年」。

一方、「中古」で買った「農機具」。

購入したウチの「耐用年数を過ぎている」古い機械。

この「かっこいいトラクター」は。

償却期間が「2年」の経費計上。

「確定申告用のプログラミング」。「Pythonで作ったコード」で計算が簡単。

「お金を使う」場合は。

よほどのことがない限り。

「支払い」に「現金」は使っていない。

クレジットカード払い。

「履歴が残る」のと「計算が簡単」。

そして「安全」。

物理的に人の手を介在しなくていい。

「盗難」や「ウイルス対策」。

自作した「確定申告用のプログラミング」。

「Pythonで書いたコード」を使えば。

計算をする必要がない。

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。

ABOUTこの記事をかいた人

美味しい野菜や食べ物。 みんなで共有できたらいいな。 それで、固定種、無肥料の自然栽培やってます。 畑とAIをつなぐこともテーマ。 Python勉強中。