「居抜きの店舗」を借りて「お店をはじめる計画」。「狙った物件」が「借りられません」でした。

広告



物事がうまくいかなくても「くよくよ」しません。

断られました。

「思い描いていた構想」は「自分の夢の中」。

「空き店舗」。

「居抜きのお店」を借りて「店舗運営」の構想。

物件を「借りること」ができませんでした。

「自分の構想、イメージ」と「現実」。

「イメージ通りにうまくいく」とは「思っていない」。

失敗続きなので。

「自分の思い通りにならないこと」。

「イメージがダメになっても」。

なんとも思わなくなりました。

「こういうもの」なのです。

今日は。

「ボブディラン」のアルバム。

「フリーホイーリン・ボブ・ディラン」。

その中でも、「特に好きな曲」が「くよくよするなよ」。

「Don’t Think Twice , It’s All Right」。

created by Rinker
ソニーミュージックエンタテインメント
¥719 (2022/05/26 01:41:19時点 Amazon調べ-詳細)

勝手に自分の頭の中で「構築した」。

「イメージが崩れたダメージ」はあるので。

音楽で癒します。

「その物件」しか「成功の道はない」と思っていた。

田舎の過疎地なので。

「人流や、客層」。

「自分の作物を売る方法」など。

「借りたかった物件」。

「その場所」でしか「成功の道はない」と思っていた。

イメージしていた店舗は「地の利」。

メリットは確実にあるはず。

「物件、店舗」を「借りるつもり」で動いていた。

「起こっていない未来」の「マイナスのイメージ」はしない。

「プラスのイメージ」。

「うまくいくこと」しか考えない。

でも「現実は、うまくいかなかった」。

断られた結果。

次、どうするか?

頭を「切り替える」ことができるようになったのは。

「自分が考えていること」は「90%以上」。

「その通りにはならない」定説。

実際「杞憂」、「経験上でも起こらない」。

とはいえ「自己が望んだ」「イメージした将来、未来」を「行動する自分が信じていないと」。

絶対に現実は違うものになる。

「現実」を受け入れて思いついた「新しい作戦」。

自分が栽培した「自然栽培の作物」を中心に。

枝葉を広げて「商売」をしようと思っていたけど。

もしかしたら「自分の栽培した作物」は。

「世の中の人」には「必要がない」。

「需要がない」のかもしれない。

とりあえずは。

「今まで考えていなかった」こと。

「意識を向けること」はできました。

再びダメもとで「次の作戦」。

created by Rinker
ソニーミュージックエンタテインメント
¥719 (2022/05/26 01:41:19時点 Amazon調べ-詳細)

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。