すごいこと思いつきました!「野菜のエスプレッソ」作れないかな?

広告



「野菜」を「乾燥」「粉末状」にして「エスプレッソマシン」で抽出。

「野菜のエスプレッソ」。できたらかなり面白い。

「栽培した野菜」を「加工」する作戦。

「食品衛生法が改定、改正」されたので。

保健所に「再届出」をしなければいけない。

「乾燥野菜、冷凍野菜」の加工に関しては。

「保健所」に「届け出」をして、「受理」されていた。

「加工のテスト」を繰り返すだけで。

なかなか本格的な「商品作り」までには至っていないのが現状。

一人で「収穫、栽培管理、販売と加工」の作業。

「日常生活とアルバイト」や「その他の勉強など」。

「同時進行」は「タイムマネージメント」がなかなか難しい。

とりあえずは。

「野菜を乾燥させて販売」することに関してはクリア。

可能な状況にある。

でもその「乾燥野菜」をどう販売するか?

大量に売れるものでもない「商品」。

「ドライの野菜」。

使い道は、かなり限られている。

「切り干し大根」とか、「乾燥ニンジン」とか。

普通に考えれば、「煮物用」。

「野菜のパウダー」でお皿に彩りを加える。

野菜を乾燥させて「色」。

「原色」。

そして「味が残る」なら。

「パセリ」など「ハーブ」と同様。

「ふりかけ」のような「野菜パウダー」。

「新しい使い道」がある、できるのでは?

「乾燥させた食品」は「栄養価もアップする」ともいわれているし。

「少量でそれらを摂取」できて。

「食卓、お皿の彩り」飾りとしても「キレイ」なら「美味しい食事」。

「見た目」「視覚」だけでなく「実質的」。

本来の食べ物としての機能。

「味覚」にも「舌や身体が反応」するはず。

「提供されたお皿」が。

「美味しい食事」に見えれば「成功」。

評判の「家庭用エスプレッソマシン」、「デロンギのスティローザ」。

2021年発売「デロンギのエスプレッソマシン」。

「家庭用、デロンギのスティローザ」。

「家庭用の機械」としては「プロにも評判」がよく。

気になっていた「エスプレッソマシン」。

「YouTubeの紹介動画」。

使い方を観ていて思いついた!

エスプレッソ「コーヒーの粉」の代わりに。

「野菜のパウダー」を入れて「抽出」したら。

「野菜のエスプレッソ」ができるかもしれない!

普通にただ「お湯を通す」のと。

「圧」をかけた場合は。

「違うものができる」はず。

created by Rinker
DeLonghi(デロンギ)
¥25,800 (2022/01/17 04:28:00時点 Amazon調べ-詳細)
ホーム » 料理 » すごいこと思いつきました!「野菜のエスプレッソ」作れないかな?
a

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。