庭木、樹木の手入れに「電動の剪定道具」を使う「メリット」が3つ。「紅葉の剪定作業」を終えました。

広告



紅葉は、枝を切ると「樹液が出てくる」。

「植物が土中の水分を吸い上げる仕組み」。

紅葉は、他の植物とは違う「特性」があるようです。

「紅葉の剪定」をすると心配になるけど、こういう特性の植物。

紅葉は、「特殊」な植物。

紅葉は、枝を切ると「樹液」が流れ落ちる。

数年前に初めて紅葉の枝を切った。

剪定作業をして驚いたこと。

切った枝から「樹液」が「ポタポタ」滲み出て。

地面が濡れるほど「水分を吸い上げている」。

切り口が濡れた状態だと。

木が弱る、病気になるのでは?と心配になったけど。

でも、結果的には、完全に元気。

枝が暴れるほど、「樹勢が強い」。

今年も「剪定が必要」です。

電動の「剪定ばさみ」と「手持ち式の小型チェーンソー」で剪定作業がラクラク。

もう「樹木の剪定」は、これら「電動の道具」。

電動の「剪定バサミ」と「チェーンソー」なしでは考えられない。

「労力」と「時間」の節約はイメージしていて購入。

導入をした「電動」の「剪定ばさみ」と「手持ち、小型のチェーンソー」。

「労力と時間の節約」効果は、イメージ通り。

実感していることだけど。

それにプラス「電動の剪定機械」を使って「気づいたこと」。

別の大きな「メリット」が「高所作業」での「安全性」。

「電動の剪定機械」を使えば「高所作業でも安全」。

一番大事、大切なのは「安全に作業」をする。

「終える」こと。

「樹木の剪定作業」は。

「高いところで作業」をすることが多い。

足場、バランスの悪い「地面」。

「ハシゴ」を使っての慣れない「高所作業」。

基礎も悪く「安定しない高所」で。

「ハサミを握ったり」「ノコギリを引いたり」。

「身体を揺らす行為」は「バランスを崩す」かなり「危ない動き」。

一方「電動の剪定機械」を使えば。

「力を入れる必要がない」。

「身体のバランスを崩さない」ので。

「アナログな剪定作業」よりも「安全」。

「作業が早く終わる」、「疲れない」。

そして「安全性が高い」。

ホーム » 地域情報 » 田舎暮らし » 庭木、樹木の手入れに「電動の剪定道具」を使う「メリット」が3つ。「紅葉の剪定作業」を終えました。
a

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。