「農家だけ」ではなく「農業関係者」に読んでほしい一冊。「農業のマーケティング教科書 食と農のおいしいつなぎかた」。

広告



「自然栽培の農家」が「マーケティングを学ぶ」。

「読みやすい」から「おさらい」。

何度か読み直します。

数冊読んだマーケティングに関する本。今回は「農業に特化した教科書」。

今回「読み終えた本」は。

「農業のマーケティング教科書 食と農のおいしいつなぎかた」。

まさにこの一文に同感。

生産活動だけで、農業が成長し発展していくことは難しい時代。

現代の農業。

「農家」は「生産、栽培だけをしていればいい時代ではない」難しさ。

やはり「自分が育てた生産物」は。

「大規模流通にのせる商品ではなく」。

「自分自身で売りたい」。

それが「自然栽培の農家」が「マーケティングを学ぶ」理由。

そして実践。

この「ステーキを売るなシズルを売れ –ホイラーの公式 」は。

「マーケティングを学ぶ本」として「イチオシ」です。

そして、今回は。

「農業のマーケティングに特化した本」を。

読み終えました。

created by Rinker
¥1,760 (2022/01/16 16:20:23時点 Amazon調べ-詳細)

「具体的にやること」がいっそう「明確化した」。

届いた「農業のマーケティング教科書 食と農のおいしいつなぎかた」。

本を開いて一瞬。

買って「失敗した!」と感じた。

「字が大きい」し、「行間が広い」。

「文章の量」が「少ない」。

もしかしたら「内容が薄い」のでは?

「数時間」で読み終られた文章の量。

やはり「文字数的」には「さみしい」。

「物足りない」。

この本一冊で「マーケティングの感覚を養う」のは「難しい」とは思うけど。

マーケティングの「基礎」があれば。

「農業に特化したマーケティングの本」だけあって。

「中身はかなり充実」しています。

今まで「マーケティングで学んだこと」。

それを「テスト」「実践」。

「小規模はデメリット」ではない。

「大きな方向性」は「間違いではない」こと。

「農家レストラン」などの構想。

「頭から不足」していた「新しい考え」や「感覚」。

「よりお客さん目線」のアイディアも取り入れます。

そして「フワッとしたイメージ」が「明確化」。

「具体化、具現化」の「後押し」をしてくれる感じがします。

「読みやすい」から「おさらい」。

「読みなおし」がしやすい。

「農家だけ」ではなく。

「農業関係者」の人にも読んでほしい一冊です。

created by Rinker
¥1,760 (2022/01/16 16:20:23時点 Amazon調べ-詳細)
ホーム » 本のレビュー。 » おすすめの本 » 「農家だけ」ではなく「農業関係者」に読んでほしい一冊。「農業のマーケティング教科書 食と農のおいしいつなぎかた」。
a

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。