ブログの運営。「過去記事」の「リライト」が必要ですね。

広告



「個人のブログ」。「書き殴り」だからといって「ノーメンテナンス」でいいわけではない。

実際に、自分で読んでみるとわかる。「不十分な、読みにくい内容」。

「毎日更新」をしている「ブログ記事」。

その日に書き殴って、発信している文章。

ブログの「アクセス増加」、「収益化」や「SEO対策」の目的だけではなく。

「自分が書いた文章」を「読み返す必要」。

「リライトをする必要性」は。

実際に、「時間をおいた過去の記事」を。

自分で読んでみるとわかる。

個別の記事は、「読み手」にとって「不十分な、読みにくい内容」。

「個々の記事」は「自分のリアルタイム」な「経験」や「体験」。

「嘘」や「誇張」はないとしても。

「欲しい情報」「解決したい事柄」があって。

「何かのきっかけ」でこのブログに「アクセスしてくれた人」に対して。

「必要充分な情報」が「記事にまとまっていない」のが問題。

読み手に、「不自由な思い」をさせている。

「未熟さ」は他の人の目に触れなくても「記憶」として残っている。

自分がリアルタイムに「体験。体感」。

「インプットした情報」を「毎日新しいこと」として「発信した記事」は。

「第三者的な目」で読み返して。

定期的に「リライト」。

収益化を目的とする「ブログ」としては。

記事の「書き換え」をする必要があるとしても。

自分が「体験に基づいてリアルタイムで書いた文章」は「過去の自分の記録」。

他人の目に触れなくても「そのままの状態」。

「収益化を目的」とする「ブログ運営」としては「よくない」だろうけど。

「自分だけのアーカイブ」。

「未熟さ残しておきたい気持ち」もある。

実務、実際の作業記録は。マックの「カレンダー」に残してある。

「過去の記事、記憶、記録」を「修正」するということは。

当時の「気持ち」。

過去の「状況」「空気感」。

「事実」を失ってしまうかもしれないけど。

「記憶」として残っているし。

農作業など「作業の記録」としては。

マックの「カレンダー」に書いて残してあるので。

やはり「このブログ」は。

「発信、公開するブログ記事」として。

戦略的にも。

「定期的にリライト」をしていきます。

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。