梅の木の下で「おむすび」を食べる。頭の中で「味をミックス」する「想像調理」。

広告



シリコン製の「おむすび容器」。「おむすびくるりん」が再び活躍。

樹木「梅の畑」で食べる「塩味のおむすび」。

車で、「家から40分程度」かかる。

距離が離れている「梅の木の畑」。

ただいま「剪定の作業時期」。

「人がいない山の上」かなり「田舎な場所」。

「野菜の畑」とは違って「樹木の畑」では。

「お弁当」が似合う。

なんだかここで「ご飯を食べたくなる」。

100円ショップで買った。

シリコン製のおむすび容器「おむすびくるりん」が活躍。

シリコン製なので。

洗って何度も使える。

買ったのは、2019年。

すでに「2年使っている」商品。

「90gの容器」で。

お米を軽く入れて「形を整える程度」。

「強くにぎらない」ので。

「軽くて食べやすい」食感。

いつも持参するのは「2つ」。

ちょっと食べ足りない。

頭の中で「味をミックス」。「想像調理」。

「塩味のおむすび」を食べながら。

「ウメ」の木を見る。

「切ったあとの姿」を「反省」。

もしくは「納得、満足」。

次の「枝を切る」作業。

「剪定をイメージ」したりする。

でも「実際、現実」の仕事。

「剪定作業」だけでなくて。

「梅の木」をみて「梅の味」を「想像」。

「塩むすび」を食べながら。

頭の中で「味をミックス」。

気持ちのいい雰囲気。「樹木に囲まれて食べる料理は美味しい」。

料理は「イメージをする」と。

材料としては実際「入っていなくても」。

料理を作った人から「入っています」といわれると。

本当に「その味がしてくる」らしい。

「梅の木」を見て「梅干し」の味。

「酸味、塩味を想像」しながら味わってみると。

「普通に塩むすび」。

まだ「おにぎり」に「梅干し」が入っている味。

「暗示にかかった味の領域」には達していない。

「自己暗示は効きません」でした。

ただ、この畑。

「山の上」でとても「気持ちがいい」。

確実に「樹木に囲まれて食べる料理は美味しい」。

ホーム » 製品レビュー » キッチン用品 雑貨 » 梅の木の下で「おむすび」を食べる。頭の中で「味をミックス」する「想像調理」。
a

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。