畑を広くして、「効率化」を狙う作戦。新たに「荒地を開墾」します。

広告



「いらない」と思ったけど。農作業には「トラクター」は「必須の機械」でした。

以前使っていたトラクターは「借り物」。

使わせてもらえて助かった。

当時トラクターがなければ、現段階の状態。

畑は作れなかったはず。

とはいえ、メンテナンスをしながら。

「騙し騙し使っていた」けど。

機械としては、かなり状態が悪かった。

「新しく入手した機械を運転」すると。

よけいに違いがわかる。

「クラッチが切れない」し「ブレーキも効かなかったトラクター」。

結果、「売却」しました。

トラクターの運転は。

普通の道路をクルマで走るのとは全く違って。

畑の凹凸や硬さによって。

まっすぐ進むのさえ難しい。

小さい畑を「トラクターを使った耕運作業」は「非効率」。

「いらない」と思っていたのは。

トラクターの「運転、使い慣れていなかった」のと。

機械の「調子が悪かった」のが原因。

「正常に作動するトラクター」なら。

こんなに便利な農作業の道具はない。

「畑を増やす予定はなかった」。でも、「効率的に作業ができる」はずなので。

とはいっても。

小さい畑より、ある程度「広いほうが」。

「トラクターを使った耕起、耕運作業」は「効率的」。

「少し進んで」すぐに「切り返す」のでは、時間がもったいない。

これ以上「畑を増やす予定はなかった」けど。

この土地を使えば。

「現在、借りて使っている畑」とくっついて、ある程度の面積。

いくつかの畑が「集積、集約」された「四角い畑」になる。

畑の状況「日照の条件」として「いいとはいえない」。

「イノシシの通り道」になっているし。

「農道は、自分が草刈り」をしている。

土地が広くなるとメンテナンス。

「手間がかかる」のだけど。

今回の「土地を合わせる、集約する」ことによって。

「余計な時間が節約できる」はず。

イノシシよけの防護柵。

手間としては「新しく設置するほうが早い」かもしれないけど。

「ワイヤーメッシュ」も「移動、移設させる」ことで。

新たな出費は、ほぼ必要がない。

地主さんからは「使っていいよ」。

「許可はすでに得ている」ので。

近いうちに「草刈り作業」で状態を確認します。

さすがに、1メートル以上。

草丈が高いと。

「スパイダーモア」で「草を刈るのは難しい」ので。

久しぶりに、「マキタの刈り払い機」に。

「草刈り機の刃」として、現時点で「ピカイチのチップソー」。

「ツムラのチップソー」。

そんなに「広い面積ではない」ので。

この「マキタの刈り払い機」と「ツムラのチップソー」のセットで。

荒地の開墾作業。

まずは、「草刈り作業」をします。

created by Rinker
津村鋼業
¥2,729 (2021/12/05 21:15:41時点 Amazon調べ-詳細)

広告