「ティックトック」に動画を投稿してみました。

広告



「動画の投稿」も「作物販売」の戦略。作戦のひとつ。

見始めるとやめられない「TikTok」。

ここ数日間。

「TikTok」にハマってます。

https://www.tiktok

見始めると、時間が経つのを忘れる。

大人でも、「やみつき」になる。

同じ動画の投稿サイト。

「YouTube」よりも、気軽にサクッとみられるのがいい。

投稿する動画は、農業がメインの「癒し系」?「自然」、「機械」に関することや、「フード」。

「ブログとTwitter」の関係と似ている「YouTubeとTikTok」。

じっくり。

読んでもらう「文章」が「ブログ」。

観てもらうなら「動画」は「YouTube」。

サクッと読んでもらう「Twitter」。

見てもらう「TikTok」。

とりあえず自分が動画を投稿するなら。

じっくり作り込んだ「長い動画」ではなくて。

まずは宣伝、イメージとして「サクッと見てもらう」動画。

とりあえず、「iPhoneで撮影」しておいた「畑の様子」。

ティックトックの「アプリ」。

「スマホ」で編集、作成から投稿まで「完結」。

とりあえず「第一弾の動画」を。

「ティックトック」に投稿してみました。

今後投稿する動画も。

「マニア向けの内容」になるかもしれないけど。

「自然、畑の動画」。

「風景」は「癒し」にもなるはずです。

そして、「Instagram」にアップした「写真」よりも「動画」。

「TikTok」のほうが、より「リアル」。

「バーチャルリアリティ」。

「わかりやすい」かもしれない。

アップルの無料アプリ「iMovie」を使ってみました。

「ティックトックの動画」をみていると。

「観やすい、面白い動画」は「作り込まれている」はず。

そこで「スマホで編集する」だけよりも。

アップルのアプリ「iMovie」。

パソコンで「iMovie」で動画編集、作成のテスト。

ちょっと触った感じ。

「センスはない」けど、「アプリ、ソフトを操作」。

扱うことは、「まあまあできる」。

リモートワークでの仕事の受注。

「畑、農作業の繁忙期」をはずせば。

「動画編集の仕事」ができそう。

新たな仕事の肩書きが「動画編集業」と。

アカウント名「billiesmarket」。

「ティックトッカー」。

広告