「落花生」を試しぼりしました。葉っぱは、まだ緑なので、収穫は「気持ち、もう少し先」でもいいかも。

広告



美味しいけど、保存には、向かない落花生の未熟果。

ほぼ、売り場には並ばない落花生の未熟果。

落花生の試し堀り。

収穫をしました。

今シーズンは、タネをまく時期が遅れて。

おまけにタネをまいた量。

播種量も、例年より少ない。

掘ってみると、実はついていますが。

収穫量は、やはり少ない。

例年、カビてしまう落花生のタネの保存。

タネの保存のために。

乾燥をさせる掘りたての落花生。

例年、乾燥、保存の時点で「青カビが発生」してしまう。

「土を洗ってから」がいいのか?

そのままの「土つき」がいいのか?

「保存前の処理」や「保存場所の選定」、「保存方法」。

数年間繰り返しテストをしている。

「風通しがいいから」と、「屋根のある屋外で乾燥」させると。

鳥に食べられる。

屋内なら「家の土間」で自然乾燥、保存が一番適していることがわかった。

落花生の未熟果は、「成熟したサヤ」よりも、美味しいですが。

「カビやすい」。

保存ができない上に、他のサヤもダメにする。

今シーズンは、「乾燥、保存、調理」の「新しい方法」がテストできる。

確か、昨年の落花生収穫時期には、「雨が続いた」。

だから、よけいに条件が悪かった。

「カビが発生しやすかった」面もあったはず。

今シーズンは、入手した機材。

だいぶ揃ったので。

それらを組み合わせて、フル活用。

まずは、マキタの高圧洗浄機。

マキタ(Makita) 高圧洗浄機 シンプル機能タイプ 100V 50/60Hz MHW0810」で、土を洗い流してから。

created by Rinker
マキタ(Makita)
¥32,492 (2023/02/08 08:37:44時点 Amazon調べ-詳細)

アイリスオーヤマ サーキュレーター扇風機 DCモーター ホワイト STF-DC15T」で送風、通風。

風を送って「湿気がたまらないようにする」。

そして、商品、製品として販売ができるかはわからないけど。

落花生を使った新しい料理、調理のテスト。

オーブンを使えば。

「落花生のロースト」。

「ピーナッツバター」が作れる。

「ヴィーガン対応の料理」が試せるかもしれない。

created by Rinker
柴田書店
¥3,080 (2023/02/08 05:35:53時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
TOSHIBA(東芝)
¥49,081 (2023/02/08 02:36:07時点 Amazon調べ-詳細)

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。