全滅したはずの品種。ルッコラの「こぼれ種」が、蔵の隙間で成長している。

広告



雨があたらない場所。水分がないのに育っているのが不思議。

「水分」も「土」もない。

そして、「日常歩いて、見ているはずの場所」に。

突然、この大きさの植物が現れた。

数年間継続して、種を採り続けていた品種。まさかの自家採種に失敗。「全滅したはずの品種のルッコラ」が生えている。

この場所は屋根付き。

敷地内の蔵の軒下。

雨があたらないし。

風通しがいいので。

場所としては、「自家採種に最適」。

「タネを採る状態の作物」を。

数年間、作物を数種類持ち込んで。

乾燥、採種している「自家採種の作業場」。

タネを採り継ぐ技術も、数々の失敗。

10年以上前に「タネ採りの交換会」で入手。

いただいた、ほんの「数粒のルッコラ」のたね。

数粒、そのタネを地道に増やして。

できた作物。

「商品」としてもかなりの出来だったのだけど。

まさかのタネの保存。

タネ採りに失敗。

絶えたと思っていた「品種のルッコラ」。

作物の栽培。「成長のメカニズム」は解き明かせるのか?

まさかこんな場所に残っていて。

成長しているとは思わなかった。

「水分」も「土」もない隙間。

そして、「日常歩いて、見ているはずの場所」に。

突然、この大きさの作物が現れた。

見た目だけでなく。

葉っぱをちぎって香りを確認すると。

間違いなく「ウチで栽培していたルッコラ」。

この一本の株から。

なんとか花を咲かせて、タネを採りたい。

「ウチで採り継いでいた品種」をどうにか復活させる。

自分が意図。

「栽培しようとすると」うまくいかないのに。

「自然生えしている作物が存在」している。

その作物の成長。

「作物栽培のメカニズム」は、解き明かせるのか?

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。